カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 注意したい病気 >
  5. アナフィラキシー >
  6. 「やっておけばよかった」では遅い…親の目の届かない場所だからこそ、先生との連携を密にとろう

育児・子供の病気

「やっておけばよかった」では遅い…親の目の届かない場所だからこそ、先生との連携を密にとろう

 

近年子どもの食物アレルギーが増えていると言います。特にそもそも乳児には食物アレルギーが多く、体の発達と共にその数は減っていきます。

しかし、それにしても食物アレルギーの数が増えており、保育園や幼稚園、学校での個々の食物アレルギーに対する対策が必要になっています。

 

アレルギー反応の最たるものがアナフィラキシーショックです。アナフィラキシーはアレルゲンを摂取することによって、短時間で全身的な症状が出る反応のことで、一気に死の危険が高まります

基本的に食べ物を摂取してアナフィラキシーの症状が出るまでは30分以内とされており、アナフィラキシーの症状が出ていなくても、アレルゲンを摂取したと分かったら適切に処置することが必要です。

 

まずは予防策が大事!そのために情報共有

家以外でのアレルギー反応を予防するには、先生としっかりと連携をとっておくことが必要です。

アレルギーがあり、食べ物に配慮が必要ということを確認しておくのはもちろんのこと、それ一度きりで済ませるのではなく、細かく確認していく必要があります。

特に子どものアレルギーというのは成長と共によくなっていくことが多くあります。ですから、最新のアレルギー情報を伝えておく必要があります。

そのため、毎年、あるいは年度の途中でも変わったことがあれば先生に報告するようにしましょう。

 

アナフィラキシーが起こってしまったら…を想定して

アナフィラキシーが起こってしまったときにできる対応が自己注射(エピペン)です。自己注射は緊急時には、人命救助のために先生などが行ってよいこととなっています。

ですが、いざとなったらどうやったらいいのかと混乱してしまう先生もいますので、事前に使い方など説明しておくとよいでしょう。

さらに担任の先生がいない場合を想定して、他の先生も注射ができるように連携をとっておいてもらうことも必要です。

 

アナフィラキシーショックになってしまって、子どもの命が失われてから、「こうしておけばよかった」はもう遅いのです。

子どもの命に関わることですから、親御さんは「しつこいかな」と思うくらいに先生に緊急時の対応などを求めてよいと思います。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/08/17-006601.php?category=51])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アナフィラキシーに関する記事

アレルギーの急性症状、アナフィラキシーが起こった時は

  アレルギーの急性症状が、アナフィラキシー、アナフィラキシーショックと呼...

子どもに症状が現れたらすぐに病院へ!アナフィラキシーの対処法

子供が突然全身にアレルギー症状を起こし、悪化した場合は呼吸困難に陥る可能性も...

アナフィラキシーの体験談

食物アレルギーについて色々調べてみました。

ここ最近、レバー、大豆と続けてアレルギー反応が出たので、色々と食物アレルギーについて調べてみました。...

アナフィラキシーショック!

もともと産まれた時から目の周りに赤い発疹があった息子。 アレルギー体質なのかなと思い、離乳食が始ま...

カラダノートひろば

アナフィラキシーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る