カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 鼻水・鼻づまり >
  5. 子どもの鼻水の粘り気が強くて鼻水を吸引できない…粘り気を弱くするにはどうすればいいの?

育児・子供の病気

子どもの鼻水の粘り気が強くて鼻水を吸引できない…粘り気を弱くするにはどうすればいいの?

鼻がかめない小さい子どもの鼻水を吸うことも、親御さんの仕事です。手軽に買える吸引器などがあり、そうした器具を使っている親御さんも多いのではないでしょうか。

 

しかし、そうして器具を使っていてもなかなか吸引がうまくできないときがあります。それは鼻水の粘り気が強いときです。

 

服用している薬をチェック!

鼻水の粘り気が強くなる要因として「抗ヒスタミン薬」があります。水のような鼻水を止めるために病院を受診すると、抗ヒスタミン薬の系統の薬が処方されることがあります。

 

確かにこれには鼻水を少なくする効果があるのですが、幼児に使うと鼻水の粘性が増して、余計に詰まりやすくなってしまう場合があるのです。そのため鼻水を止めるという目的のみで、抗ヒスタミン薬を服用しているのであれば、その服用を止めると粘り気が改善されることがあります。

 

ただし、抗ヒスタミン薬はアレルギー疾患で処方されることがあるので、勝手に中止を判断するのは危険です。かならず、医師の指示を仰いだうえで、薬の中止を決めるようにしましょう。

 

食塩水の点鼻で粘り気解消!

食塩水は自宅で簡単に作ることができます。0.9%濃度くらいの食塩水を想定して、500mLの水に5gの食塩を入れて混ぜます。食塩の濃度が濃くなりすぎると、粘膜を傷つけたりしますので注意しましょう。

 

0.9%濃度の食塩水というのは、病院で使われる生理食塩水の濃度です。さほど高くなく薬局などでも買えますし、上記のような割合で混ぜて作ってもよいです。

 

この食塩水を点鼻します。そのままではおそらくやりにくいと思いますので、化粧品の小さなボトルなどに入れて使うと使いやすいです。これによって多少鼻水の粘り気が緩和されます。

 

粘り気が強いとうまく吸引することができません。そのため無理に吸引しようとして鼻粘膜を傷つけてしまうことの方が問題です。

 

無理に吸引しようとせず、粘り気を緩和するように取り組んでみてはどうでしょうか。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

鼻水・鼻づまりに関する記事

子供の鼻の穴は小さいからすぐ詰まる!?鼻水が出たときの正しいケア

乳幼児の時期は、風邪をひくとしばらくの間、次から次へと出てくる鼻水の処理に追...

アレルギー性鼻炎とのつきあいかた

アレルギー性鼻炎はくしゃみや鼻水、鼻づまりが主な症状で、ダニやハウスダストな...

鼻水・鼻づまりの体験談

赤ちゃんの鼻づまり対策~吸引器がないとき~

赤ちゃんの鼻詰まりは病気でなくとも割とよくみられる現象ですよね。赤ちゃんの鼻の粘膜は大人に比べてとて...

子供の鼻水は「鼻水キュートル」で鼻水吸引

娘がうまれたての頃にひとすじ鼻水を出した事がありました。 初めて鼻水を出したから風邪をひかせてしま...

カラダノートひろば

鼻水・鼻づまりの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る