カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 骨・筋肉・関節 >
  5. リンパ節炎 >
  6. 何だかリンパ節が腫れている…少し前に猫に引っかかれた…となったらその病気は?

育児・子供の病気

何だかリンパ節が腫れている…少し前に猫に引っかかれた…となったらその病気は?

 

風邪を引くと、お医者さんで耳の後ろのほうから首にかけて触られることがありますよね?

それはリンパ節の腫れを診ているのです。このリンパ節というのは全身にありますが、一時的にウイルス感染により腫れることが多いです。身体の中に入った悪い菌を血液に流す前にこのリンパ節でろ過します。

その過程でウイルスが悪さをしてリンパ節が腫れるのです。中でも猫に引っかかれただけでリンパ節が腫れるという例もあります。

それを「猫ひっかき病」といいます。

 

そういえば1週間前くらいに猫に引っかかれた!

猫にひっかかれて10日前後にリンパ節が腫れてきたらそれは「猫ひっかき病」かもしれません。おもに首周辺のリンパが腫れます。

手や、足をひっかかれるとその周辺のリンパ節が腫れることもあります。リンパ節が腫れると痛みを伴い、赤くなったり、熱っぽさを感じることがあります。

ほとんどの人が発熱が長く続き、吐き気や倦怠感、関節痛を伴います。

 

何が原因?治療法は?

猫にひっかかれた傷口からバルトネラ・ヘンセレという細菌が体内に入ることで感染します。夏に発症する例が多く、子どもに多く見られます。

 

基本的に自然に治癒することが多いとされています。発熱が続いている場合は、解熱剤等を処方します。ほとんどの場合は経過観察となります。

 

予防方法は?

まず、猫にひっかかれたら傷口を流水で洗い流し、アルコールできちんと消毒をすることが大切です。

リンパ節が腫れた後に病院へかかる際は、猫にひっかかれたことを必ず告げるようにしてください。

子供は好奇心が旺盛で動物などに手を出してしまいがちです。ひっかかれることがないよう、注意してあげましょう。

 

動物を触った後はきちんと手を洗うよう、日ごろから心がけるのも忘れないようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/07/09-365035.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リンパ節炎に関する記事

リンパ節が腫れる、リンパ節炎…原因は?感染症によるものも、感染症以外によるものも知っておこう

  子どもはリンパ節の働き大人よりも活発なので、リンパ節の腫れがよく見られます。...

子どものリンパ節炎ってどんな病気?!治療法と家庭での注意点!

お子さんの首に、グリグリとした「しこり」を見つけたことがあるお母さんも多いの...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

リンパ節炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る