カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 対処・予防法 >
  5. 太陽の光にも気をつけたい!日光が原因で起きる片頭痛

頭痛

太陽の光にも気をつけたい!日光が原因で起きる片頭痛

 

光が引き起こす症状といえば1997年に起きた『ポケモン・ショック』を思い浮かべる方も多いでしょう。テレビの画面上に強いストロボ、光の演出があり、最終的に750人(そのほとんどが子供)が頭痛や発作、吐き気などに悩まされました。

 

 

強い光は脳や体全体に影響を与える可能性があるのです。

 

●日光で頭痛が起きる!?

アニメや映画などで見る光、記者会見の映像などで見る光に比べると、日光の光はそれほど強くないように感じがちですがそんなことはありません。直射日光は光にプラスして熱も持っているので、頭痛の原因になりやすいのです。

 

 

日光の光刺激、そして日光が持っている熱が頭部に当たると頭痛のセンサーが活性化しやすいことで頭痛が引き起こされがちです。

 

●特に夏は要注意!

日光がまぶしい、そして暑いという2つの特徴を持つ季節が夏で、夏は特に片頭痛に注意した方がよい季節でもあります。

 

 

例えばアメリカベス・イスラエル・ディーコネス医療センターのケネス・ムカマル博士らの研究によれば短時間の間に気温が5℃上昇すれば、8%近くが頭痛を引き起こすとのことです。日光の刺激や暑さへの対策をしっかりして頭痛を予防することが重要です。

 

 

(参考:ロイター通信ホームページ //jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-36905120090310

 

●光刺激を避け、なるべく冷やす

夏の日光が原因で起きる片頭痛を予防するには光刺激を避けること、暑さを避けることの2つが重要です。

 

 

光を避けるためには日傘や帽子が役に立ちますし、暑さを避けるには冷たい飲み物や保冷剤が役立ちます。また、夏の暑い時間帯にあまり外に居続けないことも頭痛を避けるポイントになるでしょう。

 

光は脳への刺激となって頭痛を引き起こしやすいですが、そこに熱がプラスされることから、夏の日光は片頭痛の危険性を高める要因となります。

 

 

暑さ対策、日光対策を同時に行って片頭痛を予防しましょう。頭痛が起きたら出来るだけ早いうちに家に帰り、暗く涼しいところで横になった方がよいです。

(Photo by: //pixabay.com/ )

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

酸素量の不足が原因?片頭痛の痛みは血圧と関係があるの?

ほとんどの人が一度は経験している、大変ポピュラーな症状の頭痛。この頭痛の中で...

なるべく避けたい!片頭痛の誘因

    片頭痛の誘発因子といわれるものには様々なものがありますが、個人差が大...


緊張性頭痛の原因は?首や肩の凝りからくる頭痛の対処の仕方

  日本人の成人の男性・女性の殆どが首や肩凝りを感じているのではないでしょうか...

亜硝酸塩が片頭痛の原因に!

    片頭痛と食物との関連については古くから議論されています。 その中で...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る