カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 原因 >
  5. インスリンが出ない?効かない?糖尿病になる理由

生活習慣病

インスリンが出ない?効かない?糖尿病になる理由

 

インスリン分泌障害と抵抗性増大によって糖尿病は発生します。


・インスリン分泌障害


膵臓のβ細胞から放出されるインスリンが何かの原因で分泌されなくなります。


インスリンは常日頃から放出される基礎分泌と、食事をした際に放出される追加分泌に分けられますが、どちらの機能が障害されても糖尿病を発症する一つの引き金になってしまいます。


インスリン分泌障害は遺伝的な部分が多いため原因がつかみにくいですので、なかなか治療をするわけにもいきません。

・インスリン抵抗性増大


体内に放出されるインスリンが効かなくなってしまう状態で、肝臓や筋肉、脂肪組織などでよく見られます。


インスリンは正常に分泌されているのですが働きが弱められるので、結果として高血糖を引き起こしてしまいます。


こちらは偏った食生活や運動不足によって引き起こされますので、生活習慣の改善によって食い止めることができます。

Ⅱ型糖尿病はインスリン分泌障害抵抗性増大の二つが重なることによって引き起こされる疾患です。


遺伝的な前者は仕方ないにしても、後者をしっかり行えば糖尿病は未然に防ぐことができるのです。


一旦罹ると完治が難しい病気ですから、予防を行うことが大事ですね。

・(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/12/21/10/07/action-71647_640.jpg)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

腸内細菌の内容が違う?1型糖尿病の発症に関係するかもしれない、腸内細菌バランス

   免疫システムは生きる上で非常に重要ですが、時にそれが誤作動を起こすことが...

小さい頃からの癖づけが重要!子どもに甘い飲料ばかり飲ませていると○○症候群の危険が…

  発汗の多い夏には、ただの水よりもスポーツドリンクのような飲み物がいいとされま...


母体と胎児が危ない! 妊娠中に起こる糖尿病とは?

  妊娠中に血糖値が上がるケースもあります。 糖尿病には至っていない糖代...

糖尿病有病者が多い国と少ない国~その原因はなに?

  糖尿病患者が多い国と少ない国には、どのような違いがあるのでしょうか。原因な...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る