カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 労作性頭痛 >
  4. 症状 >
  5. 時期と泳ぎ方に要注意!水泳による頭痛

頭痛

時期と泳ぎ方に要注意!水泳による頭痛

 

プールの授業のときに限って頭痛がした、子どもがプールの時に頭痛がすると言うといった経験をお持ちの方もいるでしょう。プールの時は運動による頭痛が起きやすいので、その機序と対処法を見ていきます。

 

●血圧上昇と無酸素運動

水の中では普通に息を吸ったり吐いたりすることが出来ませんので、無酸素運動状態となります。同時に水泳は場合によっては血圧の上昇を引き起こすことから、この2つがかみ合って静脈還流障害を引き起こします。

 

血管内の圧も上がることで頭痛や吐き気を催すのが、水泳での頭痛の仕組みです。また、一般的に運動によって起きる労作性頭痛の場合は暑さで起こりやすいとされていますが、水泳については体の冷えとも関係していると言われることがあります。

 

●準備運動をしっかり、寒い時期には注意

水泳による頭痛を防ぐための方法は準備運動を行うこと、寒い時期には水泳をしないことの2つがあります。

 

 

準備運動は水泳の前に10分くらい行い、十分体を温めたことを確認してからプールに入ってください。飛び込むよりもゆっくり入った方がよいです。また、準備運動で体を温められないほど寒い時期には冷水のプールに入ること自体をお勧めしません。

 

●予防薬が効く

水泳による頭痛も労作性頭痛の一種ですので、予防薬が効くタイプの頭痛でもあります。お子さんがあまりにもプールでの頭痛がひどいと訴える場合などには、小児科医に相談して労作性頭痛の予防薬を処方してもらってもよいでしょう。

 

労作性頭痛の中でも水泳によって起きる頭痛は無酸素運動、血圧の上昇、体の冷えなどとかかわっている頭痛です。予防薬で十分予防できますが、それでも頭痛がする場合はプールから出て一度タオルなどで体を覆って休むことが大切です。

(Photo by: //pixabay.com/ )

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

なまけているワケではない!~労作性頭痛について~

  片頭痛などの器質的な原因によって起こるのではない頭痛は、比較的知られている...

運動をすると起こる!労作性頭痛とは

特定の動きによって起きる頭痛が、」労作性頭痛と呼ばれるものです。   ●労作性...


運動が原因で頭痛が…痛みやそのほかの特徴は?

  運動が原因で起きる頭痛を一次性労作性頭痛と呼んでおり、以前は良性労作性頭痛...

特定の動作で生じる労作性頭痛とは?

  命の危険がない頭痛はたくさんあります。普段からちょっとした頭痛がある人であ...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る