カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 過眠 >
  4. 睡眠記録をとった際の活用方法

不眠・睡眠障害

睡眠記録をとった際の活用方法

生活の記録として睡眠の記録を取っている方もいると思います。せっかく記録をとったならば記録を活用して体調を整えたいですよね。今回は睡眠記録を効果的に活用するために、睡眠によって起こる障害についてまとめました。

 

はじめに

一時的な不眠や過眠は健常な人間でも普段起こる症状です。しかし、しばらく続くような不眠や過眠は病気ですので、適切な医療機関にかかる必要があります。

 

不眠症

不眠症の種類には原発性不眠症や神経症性不眠症などがあります。症状は同じものを呈します。原因を確かめるには問診などさまざまな方法を使い確かめます。複数の原因が関係している場合もよくあります。

 症状としては寝つきが悪い(入眠困難)、睡眠中にしばしば目が覚めてしまう(中途覚醒)、まだ眠いのに朝早く目が覚めてしまい再入眠できない(早朝覚醒)、十分な時間眠ったはずなのに熟眠した感じがない(熟眠不全)などがあります。問題とされる症状が続く期間は1ヵ月以上続く不眠の症状となります。1ヵ月以下の不眠であっても、日常生活に大きな影響を与える場合は医療機関にかかってください。

 

不眠の原因

・高血圧、アレルギー性疾患、心臓疾患、泌尿器官の疾患などの身体障害

・日常の活動、スケジュールの変動

・心理的な問題、ストレス、不安

・うつ病、不安障害、アルコールや薬物の乱用、認知症などの精神障害

・降圧剤などの薬物

 

 

過眠

過眠の種類にはナルコレプシーや特発性過眠症があります。

ナルコレプシーの症状は耐え難い日中の眠気があり、試験中や商談中の居眠りしてはいけない時でも居眠りしてしまうや、覚醒と睡眠の移行期にみられる口をきくなどが一過性にできなくなる状態(睡眠麻痺)、睡眠開始時に起こる明確な知覚体験、例えば傍に人間・幽霊がいるなど(入眠時幻想)があります。

特発性過眠症の症状には、いったん眠ると長時間目覚められない、目覚めるのが困難といったものがあります。

 

過眠の原因

原因は現在研究段階です。

 

上記のような症状が睡眠記録でみられる場合は一度医療機関に行ってみてください。

 

(Photo by:足成)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

過眠に関する記事

睡眠障害は不眠症だけではありません 睡眠障害の種類と原因とは

  睡眠障害は「不眠症」と「過眠症」があります。睡眠障害というと多くの方が「不眠...

どれだけ寝るの? 反復性過眠症

  睡眠障害の中には不眠症もあれば過眠症もあります。不眠症はよく眠れないと...


眠れる森の美女?! クラインレビン症候群の実例

  クラインレビン症候群は反復性過眠症のひとつで、周期性過眠症とも呼ばれて...

秋の睡眠障害・過眠を予防したい!スリープセレモニーを取り入れてみよう

秋は、環境的には眠りやすいですが、徐々に日差しが弱くなることから1日の体内リズ...

カラダノートひろば

過眠の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る