カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. ピル >
  4. アフターピル(緊急避妊薬)とはどんな薬なの?効果と注意点について

女性のカラダの悩み

アフターピル(緊急避妊薬)とはどんな薬なの?効果と注意点について

アフターピルは望まない妊娠の可能性がある際に使う薬です。アフターピルが必要である場面は、多くの方がなんとなく想像できると思います。

 

しかし、避妊できる仕組みを知らない方が多いと思うため、今回はアフターピルの効果の仕組みと使用の際の注意点についてまとめました。

 

アフターピルとはどんな薬なのか

アフターピルとはホルモン剤であり、通常低量・中量で使用するホルモン剤(ピル)を大量に摂取するといった方法で使用します。

 

大量のホルモンを体にとりこませ、強制的に妊婦しないようにします。服用後、避妊に成功すれば数日~3週間程度で出血が起こります。

  

アフターピルの種類

日本で使用されているアフターピルは「プラノバール錠」「ノルレボ錠」の2種類があります。「ノルレボ錠」の方が副作用が弱いと言われており、アフターピルの主流となっています。

 

どちらの薬も100%避妊できるわけではないですが、正しく使えば高い効果を発揮します。

 

使う際に気を付けたいこと

医療機関では着床(=妊婦)が確認されていると、アフターピルを処方してくれない場合があるため、市販の妊婦検査薬で一度着床しているかどうかを確認してください。

 

また、72時間以内にアフターピルを飲むことが望ましいですが、最近では性行為から5日間の間であれば避妊効果を発揮できる可能性を持つアフターピルもあるため、72時間を過ぎたからといって諦めなくてもいいようです。

 

アフターピルの副作用として、吐き気・嘔吐があります。吐いてしまった場合、有効成分が体に吸収されていない可能性があるため、医師に確認し、必要な場合もう一度アフターピルを飲んでください。

 

数日~3週間程度で出血がない場合や出血が少量の場合、失敗した可能性が高いため病院に行ってください。 

 

普通の生活を行っていたとしても、突如望まない妊婦はおこる可能性があります。上記のことを頭の端にとどめ、対処できるようにしていただければ幸いです。

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ピルに関する記事

女性用だけじゃない!男性用のピルとは?

  避妊等に使うピルと言えば女性用のものが基本でした。ピルは2種類の女性ホルモ...

プレ更年期にピル処方を飲んでみよう

  プレ更年期   皆さんご存知の更年期を迎える10年ぐらい前の期間、...


慌てないで!ピルの飲み忘れと消退出血について

ピルの飲み忘れに気づいたときに出血を経験する方もいるでしょう。「生理が来た!...

72時間以内が重要!緊急避妊薬アフターピルの用法

  ピルは避妊、生理不順や子宮内膜症の治療に用いるものが一般的です。それと...

カラダノートひろば

ピルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る