カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 人格障害 >
  4. 妻からの言葉の暴力にしっかり対処する方法

メンタル

妻からの言葉の暴力にしっかり対処する方法

 

妻からの言葉の暴力を周囲に相談するにはまだ早い、まずは夫婦で解決策を探りたいと考えているときに出来るいくつかの対処法を紹介します。

 

●暴力だけはNG

妻の態度があまりにも冷たく、人格を全否定されるようなことを言われると、殴りたくなるという方もいるかもしれません。ですが暴力だけは絶対にNGです。妻の方がDVを主張して、さらに関係が悪くなる可能性があるからです。

 

何があっても、たとえ離婚を考えているとしても不利になるだけなので、暴力だけはやめておきましょう。

 

●妻の被害者アピールに付き合わない

夫からの言葉の暴力の場合にも言える、モラハラに対する基本の対処が『付き合わない』ことです。

 

言葉の暴力の加害者の多くは精神的に不安定で、一人の大人として十分な精神的成長をしていません。それに加えて言葉の暴力をふるう妻の場合は、どちらかといえば『むしろ自分が被害者』と考えているケースもあるのです。

 

稼ぎの悪い夫、子供の相手をしてくれない夫、妻に協力的でない夫と結婚してしまった自分が被害者だから、夫は文句を言われてもしょうがないと自分を被害者化し、正当化している妻もいます。

 

このような被害者アピールには付き合わないことをおすすめします。『あんたなんかと結婚したからこうなった』『私は小さいころからこんなことがあって…挙句こんな人と結婚して…』『あなたは全然私をわかろうともしないダメな人間』と、まくしたてるように言われた時の返し方は以下です。

 

・へぇ、そうなんだ(否定するとますます逆上するので流すことが大切です)

・無言で居場所を変える(追いかけてくるようならさらに遠くに逃げてください)

・それで君は何をどうしたいの?(妻のモラハラがひどくないうちは効果的。ここで話し合えれば解決への糸口が見つかる場合も)

 

妻からの言葉の暴力に対処するときに、絶対にNGなのは自分が暴力をふるうことで、ベストなのは相手にしないかうまく解決に持っていくかです。

 

女性は男性に比べると多少なりとも『話を聞いてほしい』『感情的な会話に付き合ってほしい』と思うことが多いので、それを求めているうちに軽いモラハラになった程度なら話し合いで解決できることもあります。

 

こちらが精神的に限界を感じるくらいの強い言葉の暴力なら、最初から会話をしない、相手をしない方がよいです。 

(Photo by: [http://pixabay.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

人格障害に関する記事

拒否されてもどうにかしたい…妄想性障害が疑われる方を病院に連れて行く方法

  妄想は誰にでもありますが、その妄想が非常に偏っていて、日常生活に影響を及ぼ...

無関心な人格障害…こんなトラブル、こんな長所があります

  人はそれぞれコミュニケーションのとり方や、物事の考え方、行動の仕方などが違...


近年見られるようになってきた人格障害

  人格障害の性格は、いくつかの性格に分類することができ、ひと口に人格障害と言...

情緒安定性人格障害には異なる2つのタイプ、衝動型と境界型がある!

  情緒不安定という言葉は、自分に対して使ったり人に対して使ったり、比較的馴染...

カラダノートひろば

人格障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る