カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 人格障害 >
  4. 意外と多い!妻から暴力を受ける男性ってどれくらいいるの?

メンタル

意外と多い!妻から暴力を受ける男性ってどれくらいいるの?

 

妻からの暴力を受けている男性なんてめったにいないのではないか、と思って相談に踏み切れない夫も少なくはありません。

例えば平成24年の警察へのDV相談件数は女性が98.1%、男性が1.9%となっています。ですが、実際のところはそれよりも数が多いと予測されます。

(参考:警視庁 配偶者からの暴力事案の概況 //www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/stoka/jokyo_3.htm)

 

 

●正確な統計が取れない難しさ

DVにおいてはその正確な数の把握が難しいと言われており、それは妻からのDVだとさらに数が少なく映る可能性を秘めています。

というのも、前述したように『妻からの暴力を受けている男性なんてめったにいない』と思って相談できないケース、『男が女性から暴力を受けて相談するなんて恥ずかしい』という心理が働くケースがあるからです。

ですので、わずか1.9%の暴力相談とはいっても実際のところはもっと数が多いと予測されます。

また、内閣府の調査では配偶者からの暴力被害経験がある男性が18%程度との報告もあります。

 (参考 内閣府男女共同参画局 //www.gender.go.jp/whitepaper/h23/zentai/html/honpen/b1_s06_01.html)

 

●インターネット上の相談は後を絶たない

日本ではどちらかといえば匿名で使われることが多いインターネット上の相談サイトは、妻からのDVに関する相談ももちろんあります。

大手インターネット相談サイトである『Yahoo知恵袋』で『妻からの暴力』と検索してみると10000件以上の相談が出てきます。

そのすべてが経験からの相談とは限りませんが、数多くの人が妻からの暴力に悩んでいる可能性が浮き彫りとなりました。

 

日本国内では妻からの暴力に悩む人は想像以上に多いようです。相談できないけれど悩んでいる数まではなかなか把握が出来ません。

いずれにしても、男女関係なく、暴力を振るわれたときには適切な施設への相談がよいでしょう。

男性側が暴力を振るわれたと訴えても実家や友達、義実家は今までの経験則から信じてくれない可能性もあるので、根回しをするか最初から専門家へ相談した方がよいです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/01/04/13/58/argument-238529_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

人格障害に関する記事

分裂病質人格障害の人が社会適応するために知っておきたいこと~仕事と結婚の問題とは

  他者への関心があまりにも乏しいのが分裂病質人格障害で、それによって日常生活...

境界性人格障害と情緒不安定性人格障害の違いって?

  人格障害にもいろいろと種類がありますし、病気の内容が似たものもあります。 ...


性同一性障害治療の治療における注意点

  性同一性障害の治療は3段階にわけて順に進められていきます。最初の精神療法は...

関わる人を徹底支配?境界性人格障害の症状とは

    感情や対人関係が不安定になり、病的な人間関係を築く病気の一つが境界性人格...

カラダノートひろば

人格障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る