カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 人格障害 >
  4. 女性からの暴力での離婚は慰謝料が少なくなる可能性がある!

メンタル

女性からの暴力での離婚は慰謝料が少なくなる可能性がある!

 

DVという言葉が生まれてから、テレビなどでもDVが取り扱われたり、DV関係の裁判の本・雑誌などを読んだ経験を持つ方も増えてきていることと思います。

ただし、いまだにDVは男性が女性にするものというイメージを持っている人も少なくはありません。

実際のところ、内閣府の男女間における暴力に関する調査では女性から暴力を受けた男性は35%程度と結果出ています。

 

●妻からのDV離婚の慰謝料の判例の少なさ

妻からの暴力によって離婚するときに慰謝料が少なくなる、という話を聞いたことがある方もいるかもしれません。

慰謝料について、実は本当に少なくなる可能性が否定できないのが大きな問題です。

というのも女性からの暴力による離婚の判例がまだまだ少ない状態で、慰謝料の平均的な金額、判断基準などが出来上がっていない状態だからです。

基準がない上に裁判官の『女性からの暴力に対する理解度』が低いと実際に慰謝料が低くなる可能性も高くなります。

 

●弁護士選びが重要ポイント

妻からの暴力を原因に離婚するのであれば、それに強い弁護士を探すのが有効です。

弁護士にはそれぞれ得意分野がありますので、妻からの暴力問題を専門もしくはかなり主として扱っている弁護士を探してみてください。

また、暴力の証拠はすべて取っておくことも重要です。これは、たとえ女性からの暴力への理解度が低い裁判官に当たったとしても有効な証拠になります。

 

妻からの暴力に悩んで離婚を考えているなら、男性が受けた暴力問題を扱っている弁護士に相談するのが適切です。

まずは弁護士にしっかりと状況を理解してもらい、さまざまな証拠集めをしたうえで裁判官に証拠を提出、自分に有利な判断材料とします。

判例が少ない案件ではありますが、慰謝料においても納得して離婚するためには自助努力も欠かせません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/01/31-375856.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

人格障害に関する記事

融通が利かない…「白か黒か」 禁欲的なタイプの強迫性人格障害とは

  異常なまでの完璧主義が特徴として知られる強迫性人格障害には5つのタイプに分類...

情緒安定性人格障害には異なる2つのタイプ、衝動型と境界型がある!

  情緒不安定という言葉は、自分に対して使ったり人に対して使ったり、比較的馴染...


近しい人が情緒不安定性人格障害…どんな形で付き合えばいい?

  情緒不安定性人格障害は名前の通りさまざまな情緒が不安定な状態で、境界性人格...

感覚が鈍感になる統合失調症質人格障害…どのような症状が出るの?回避性人格障害との違いとは?

  人格障害という精神疾患の中に統合失調質人格障害という人格障害があります。以...

カラダノートひろば

人格障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る