カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 子どもの耳は小さくて繊細…知っておくべき、正しい耳のケアといざというときの対処法

育児・子供の病気

子どもの耳は小さくて繊細…知っておくべき、正しい耳のケアといざというときの対処法

 

子どもの耳はとても小さく、耳かきもしづらいですよね。しかしそうだからと言って、親御さんが子どもの耳のケアをしないというわけにはいきません。

子どもの繊細な耳について知っておきましょう。

 

子どもの耳垢は拭う程度で!

子どもの耳垢の掃除は毎日していますか?

めん棒を使って毎日やっている人は気をつけてほしいのですが、奥の方までめん棒を入れてしまうと、逆に耳垢を奥に押し込んでしまうのです。結果、奥のほうに垢が溜まり、中耳炎などの原因となってしまいます。

 

実際には、日常的なケアはお風呂上りに乾いたガーゼで耳の中を拭ってあげる程度でよいそうです。

 

耳の中というのは、とても繊細なつくりになっていますので、年に1度(子どもが耳かきを嫌がる場合は3ヶ月に1度が理想です)は耳鼻科へ行き、定期健診も兼ねて耳の掃除をしてもらいましょう。

 

子どもの耳から耳垂れが出ていたら…

耳垂れが出ていたら、まずは外に出ている部分だけ清潔なガーゼなどできれいに拭ってあげてください。

絶対に耳の中までやらないようにしてください。悪化する恐れがあります。

 

耳垂れの原因としては、

・中耳炎

・外耳道炎

・外耳道湿疹

・外耳道損傷

・頭部外傷

などが上げられます。

 

これらの症状は親がその場で判断できるものではありませんので、かかりつけの耳鼻科できちんと診てもらい、診断をしてもらいましょう。

 

耳から出血!どうしたら?

耳から出血しているときは、ほとんどの場合外耳道からの出血が考えられます。

 

外耳道とは、耳垢が付いている部分で、耳の穴の入り口から鼓膜までの部分を言います。耳掃除の際にこの外耳道を傷つけて出血することが一番多いようです。

 

耳鼻科へ行けばその程度によって、経過観察、もしくは軟膏などの塗り薬を処方してくれます。

耳かきなどで傷つけた記憶がない場合は、すぐに病院を受診しましょう。

 

耳は専用の器具を使わなければ、奥まで見ることができません。家庭で判断することは難しいですので、心配なことがあったら、放っておかずに耳鼻科を受診しましょう。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳・鼻・口・喉に関する記事

これってぜん息!?0~1歳の乳児に起こりやすい病気「ぜん息様気管支炎」

0~1歳の乳児に起こりやすい病気の1つが、ぜん息様気管支炎です。ぜん息との関...

子どもの喉が腫れている!それはプール熱かも?!

抵抗力が弱い幼い子どもは、夏特有の風邪をひきやすいです。 その中でも、喉がはれ...

耳・鼻・口・喉の体験談

副耳ってなに?発覚と治療について

次男には生まれつき、左耳に副耳と耳垂裂があります。 出産直後は私も助産師さんも気付いておらず、...

生後7ヶ月、中耳炎になる〜切開排膿

ここ最近すんっごく寒くなったので娘に厚着させてました。 鼻垂れもあったので、風邪引かせちゃダメ...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る