カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 痛み >
  5. 「歯が痛い!」と子どもが訴えてきたら?虫歯によるものかそうでないのか、まず親が確かめてみよう

育児・子供の病気

「歯が痛い!」と子どもが訴えてきたら?虫歯によるものかそうでないのか、まず親が確かめてみよう

子どもは口の中に何か違和感や痛みがあると、大体の子が「歯が痛い」と訴えてきます。というのも、「虫歯になって歯が痛くなるよ!」と教えられているため、口の中に起こったトラブルは全て虫歯だと思っているからです。

 

では、子どもが歯が痛いと訴えてきたら、どうすればよいのでしょうか?病院へ行く前に、親が口の中を見てあげましょう。

 

痛みの原因、実は口内炎?

歯が痛い歯が痛いと訴えるので小児歯科に連れて行ったら、一本も虫歯がなかったということが多々あります。痛みの原因は口の中にできた口内炎だったということがあるようです。確かに口内炎は大人でも痛くて嫌になりますよね。

 

そのため、まず歯が痛いと訴えてきたら、口内炎がないかも一緒に確かめてみてください。

 

頬が痛いと訴えてきたら中耳炎の可能性も!

中耳炎になると頬や耳付近が痛くなります。頬付近の痛みを歯の痛みと勘違いすることも子どもでは良くあることです。

 

中耳炎は風邪からも来る病気ですし、発熱も伴います。医者へ行くまで耳の下や後ろを冷やすだけでも、かなり楽にはなります。

 

本当に虫歯が痛かった場合は…

まず子どもにどこが痛いか聞いてみてください。その周辺に食べかすが残っていたら取り除いてあげましょう。それだけで痛みが取れることがあります。また、深夜に痛み出したら、痛みがあるほうの頬全体を冷やしてあげるのが良いです。

 

血行がよくなるとズキズキ痛みやすいですので、お風呂に浸かったりなど血行をよくすることは避けてください。顔が腫れてきてしまった場合は、救急診療を受けてください。

 

虫歯は自然に治ることはありません。あくまでも応急処置ですので、必ず小児歯科を受診しましょう。

 

子どもは的確にどこがどのように痛いと伝えることはできません。親がきちんと診てあげることにより、病院での診察もスムーズにいきますので、きちんと状況を把握しましょう。

 

また、把握は必要ですが、病状の判断はあくまでも医師が行いますので、決め付けることはせず、診察の準備段階を作るということまでにとどめておきましょう。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痛みに関する記事

成長痛=無害ではない!障害が残ることも… 注意するべき成長痛ってなに?

  成長痛というと、子どもが痛いと訴えても「成長痛だから大丈夫」と親御さんは思...

安静していても痛みがあるときは要注意!子供に多い骨肉腫

子供が膝や肩の関節の痛みを訴えるときは、骨肉腫を疑いましょう。 骨のがんの一種...

ホームケアの体験談

赤ちゃんの鼻づまり対策~吸引器がないとき~

赤ちゃんの鼻詰まりは病気でなくとも割とよくみられる現象ですよね。赤ちゃんの鼻の粘膜は大人に比べてとて...

試してみよう!便秘解消のワザ!

わが子は最近、便秘に悩まされています(;;) 出ない時は一週間近くでなくなり、母親の私はすごく...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る