カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 血圧 >
  5. 検査の値から高血圧の危険度をチェックしておこう

健康診断・健康管理

検査の値から高血圧の危険度をチェックしておこう


健康診断で血圧が高めと言われたら「高血圧の疑い」となり、病院で詳しい検査を受ける必要があります。高血圧で病院に行くきっかけとなったのが、健康診断であるというケースが多いようです。これまで血圧のことを気にしたことがなかったという場合、血圧の値を見てもピンとこないということもあるでしょう。血圧の値から、高血圧の症状がどの程度であるか確認したり、潜んでいるリスクについて知ることができます

 

 

■高血圧は上135以上、下85以上

 

高血圧の基準は至って単純であり、家庭で測定した結果が上135mmHg、下85mmHgの場合です。病院で測定した場合は上140mmHg以上、下90mmHg以上です。上の血圧が重視されがちですが、上が良くても下が基準を超えているようであれば問題があります。下の血圧、つまり拡張期の血圧が高いということは末梢血管に常に負荷がかかっている傾向にあるということであり、腎臓にも負担をかけることになります。

 


■心臓肥大や動脈硬化の進行度合いを知ることも

 

高血圧と言われたら、生活改善の指導を受けながら毎日朝、昼、夜と血圧を測定することになるでしょう。この記録がある程度たまってきたら、朝と夜の血圧の平均値を計算し、その差である「ME差」を出してみましょう。ME差が大きいほど心臓肥大が進んでいる傾向にあります。15mmHg以上であれば心筋梗塞を引き起こすこともありますので要注意です。また、上と下の血圧の差である「脈圧」が大きいほど、血管がしなやかさを失っているという証拠になりますので、80mmHgを超えている場合は動脈硬化が進んでいる可能性があります。それぞれ計算しておくとよいでしょう。

 

 

血圧はその時の状況によって変動しますので、一回の測定結果で即問題があると断定できるわけではありません。日々血圧を測定することを習慣とし、定期的に値をチェックしておくことが大切です。気になる数値が出るようであれば早めに受診しておくようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/08/15-367068.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

ただの低血圧と思って甘く見ないで!日常生活で簡単に実践できる食後低血圧の予防策

  1. 健康診断・健康管理
  2. 検査項目
  3. 血圧

  食後に席を立とうとしたとき、めまいやふらつきを起こしたことはありませんか? もし、そんなことが何...

オススメ検索ワード

血圧に関する記事

高血圧と低血圧、血圧はどうして上がる?血圧の昇降の仕組みと基準値

  誰でも一度は気になったことがあるのが血圧です。高血圧、低血圧という言葉...

鍼灸治療は低血圧にも効果あり?効果のある症状とは?

     低血圧によって頭痛や倦怠感、冷え症が起こることがあります。薬を使わ...


合併症の危険性もわかる!血圧の日内変動を知ろう 夜に血圧が下がらないと危険!?

  以前は血圧を測ると言えば、検査に来たその時の状態しか測れない時代もありまし...

日々血圧を測定して更年期の体調管理をしよう 更年期の女性における高血圧のリスク

女性が更年期を迎えるとカラダに様々な変化が現れます。更年期を過ぎたカラダに何が...

カラダノートひろば

血圧の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る