カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 部屋の環境 >
  5. より良い睡眠のために♪部屋の明るさは月明かりや星明りを参考にしよう

不眠・睡眠障害

より良い睡眠のために♪部屋の明るさは月明かりや星明りを参考にしよう

あなたは寝るとき、照明を消しますか?豆電球を付けたままですか?

 

子供のころからの習慣で真っ暗にするか、蛍光灯の豆電球をつけて寝る人が多いのではないでしょうか。電気は点けっぱなしで、ゲームをもってベットに入り眠くなったらそのまま…という人がいましたが、それは質の良い睡眠をとるということを考えると最悪のパターンなんです。

 

寝るときの最適な照明は月明かり・星明かりと言われています。

 

メラトニンとは

これは寝ている時に多く分泌されるメラトニンという物質と関係があります。

メラトニンは人間が寝ている時に分泌され、質の良い眠りを作り出すために働くのです。そして、朝起きると活動を停止します。

 

メラトニンを作る時に朝か夜かを判断するためのものが光なのです。

 

よく眠れる明るさとは

昔の人は太陽が昇ると起きて、日が沈み暗くなると月明かりで寝たのでしょう。

 

今は電気のある生活をしていますが、やはり暗くならないとメラトニンの分泌が促されません。当然、真っ暗では寝付けないという人もいると思います。しかし、それだと夜中に起きた時に足元がちょっと危険ですよね。かといって、蛍光灯の豆電球の真下に寝ていたら明るすぎて眠れません。

 

そんな時は蛍光灯は消して、卓上ライトの豆電球を点け、遠くにおいてはいかがでしょうか?

 

また、ほんのり明るいライトや、ゆっくりと暗くなる調光の種類が豊富な照明も販売されているようです。夜中に目が覚めた時も、蛍光灯をいきなりつけるのではなく、コンセントに指し、足元だけ照らしてくれるような安全面も考慮した照明もあります。

 

暗くしてぐっすり眠って、朝は太陽が当たるように、明るさの工夫すると目覚めがよくなりますよ。 

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: jellyfishさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

部屋の環境に関する記事

質のよい睡眠のためには寝室環境の改善から!改善するポイントとは

快適な睡眠を得るために、睡眠時間や就寝時間など、気にしている人も多いのではない...

冬になると冷え性でなかなか寝付けない!そんな時は、タオルで首を温めよう

冬の眠りを妨げるものといえば、寒さです。女性には冷え性が多いので、寒さで目が覚...


熱帯夜なんて怖くない!?暑い夏に快適に眠るためにできる4つの工夫

暑い夜に、「ぐっすりとよい眠りにつける工夫」は何かしているでしょうか。眠りにつ...

寝苦しい夏の夜…クーラーや扇風機をうまく使って、家族が気持ちよく眠るためのヒント

毎日のように気温が高くなる夏、日が落ちる夜でさえ「熱帯夜」といわれるほど、寝...

カラダノートひろば

部屋の環境の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る