カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 原因 >
  5. 飲み過ぎに注意!ペットボトル症候群

生活習慣病

飲み過ぎに注意!ペットボトル症候群

 

 

ペットボトル飲料などの飲料水の飲み過ぎによって起こる症状です。

 

 

・繰り返される悪循環


ペットボトル症候群は主に2型糖尿病の患者さんがなってしまう症状です。
ショ糖を多く含む飲料水を飲む習慣がついていると、ついつい飲みすぎてしまい高血糖になってしまします。


すると高血糖症状で口が乾いてしまい、またペットボトル飲料水に手が伸びます。


そして高血糖→口が乾く→飲料水を飲む→高血糖…と悪循環に陥ってしまい、インスリンの抵抗性が上昇したり膵臓が弱ってインスリンが放出されなくなったりしてしまいます。
最悪の場合ケトアシドーシスとなります。

 

・ケトアシドーシス


ケトアシドーシスの主要な症状はアシドーシスです。


脳は糖をエネルギーにして働いていますが、糖が無くなってしまうと脂肪をエネルギーに変えて働きます。


この変換を行うときに酸が発生して血液が酸性側に傾き、低体温意識障害を引き起こしてしまいます。
また、血糖が上昇すると血漿浸透圧が上昇して脱水を引き起こしてしまいます。
これら二つの症状が重なると、昏睡になり命に関わることもあるのです


アシドーシスになってしまったときは輸液とインスリンを投与して浸透圧や水分を調節します。

 

・(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/06/08/18/08/traffic-lights-49698_640.jpg)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

インスリンが出ない?効かない?糖尿病になる理由

  インスリン分泌障害と抵抗性増大によって糖尿病は発生します。 ・インスリン...

糖尿病が多い国ランキングからみえる、食事に隠れた糖尿病リスクを知って予防しよう

世界的に増加し続けている糖尿病。その国の食生活によって、糖尿病患者の数にも大き...


糖尿病が多い県・少ない県とその原因

  2013年現在の日本における成人糖尿病患者は720万人を超えています。また、...

脳内物質セロトニンと糖尿病の切っても切れない関係とは?

  脳内物質セロトニンは、自律神経や精神の安定に関わる重要な物質です。分泌...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る