カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. >
  5. 子どものO脚・X脚は放っておいても平気!?気にするべきO脚・X脚はあるの?

育児・子供の病気

子どものO脚・X脚は放っておいても平気!?気にするべきO脚・X脚はあるの?

O脚やX脚といった足の変形は子どもにもあります。O脚というのは両足を伸ばしてかかとをくっつけても膝がくっつかない状態で、X脚は両足を伸ばしたとき、膝はくっついているのにかかとが離れてしまう状態を言います。

 

子どものO脚は放っておいても平気!?

子どものO脚の場合、大人のそれを違って1歳半くらいまでならばごく普通のことです。

 

だいたい1歳半から2歳頃までに自然に治るものですので、心配する必要はありません。程度にもよりますが、大体は5歳頃まで様子を見ても大丈夫なようです。

 

ただし中には病的なO脚もある

もちろんすべての場合で放っておいてよいわけではなく、病的なO脚の場合もあります。比較的頻度の高い病的なO脚の原因としては、クル病とブラント病があります。

 

クル病の場合はレントゲン写真と血液検査によって診断が可能ですが、ブラント病の場合は2歳ごろまで生理的なO脚と区別がつけられないことが多いです。

 

少しおかしいなと思ったら医師に相談してみるとよいでしょう。

 

子どものX脚は放っておいても平気!?

子どものX脚の場合、力の入り方が不自然になってひざに痛みが生じたり転びやすかったりします。X脚はO脚から進行してくることがあり、子どもが歩き始めるようになって、足に体重がかかるようになるにつれてX脚になります。

 

X脚のピークは3歳頃ですが、ほとんどの場合小学校入学の頃には自然と治っていることが多く、様子を見ても大丈夫な場合が多いです。

 

8歳を過ぎても極端にX脚の場合

小学校に入学してからも極端にX脚が残っている場合には医師に相談してみましょう。もしかしたら病的な原因が隠れているかもしれません。

 

いずれの場合も病的な原因が見つかったら、装具による矯正治療や、手術による治療を行います。自然に治るとされている年齢までは過剰に心配する必要はありませんが、気になる場合には何かで病院に行った際に、医師に相談してもよいでしょう。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

足に関する記事

ちょっとした足首のケガかと思ったら骨端線損傷?!裏に潜む恐ろしい骨の損傷とは

   子どもが足をくじくことや捻挫を起こすことの裏には、骨の損傷が隠れている可能...

内反足を矯正するための長期の治療

  生まれたばかりで内反足であった赤ん坊は、その後矯正するために長期に渡って矯正...

足の体験談

あかちゃんの足のしわが不揃い・・・股関節脱臼?症状と原因

目覚ましい勢いで体重が増加し始めた息子。あっという間にポチャッポチャに。 同時に足のモモ、ふくらは...

息子くんコタツ?ストーブで低温やけど。。

最近、息子くん6時過ぎには目が朝覚めます。 私が、旦那の弁当を作った後だったからよかったのです...

カラダノートひろば

足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る