カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. その他 >
  5. オメガ脂肪酸は3系、6系、9系脂肪酸に分かれる!健康のためにはどれを摂取すればいい?

健康診断・健康管理

オメガ脂肪酸は3系、6系、9系脂肪酸に分かれる!健康のためにはどれを摂取すればいい?

 

オメガ脂肪酸はすべてが不飽和脂肪酸で、一般的な動物性油脂は飽和脂肪酸ですのでオメガ脂肪酸とは異なります。

さらに、オメガ脂肪酸はオメガ3系、オメガ6系、オメガ9系と3つに分かれているのが特徴です。

 

●3つのオメガ脂肪酸と油の種類

オメガ3系脂肪酸、オメガ6系脂肪酸、オメガ9系脂肪酸を含む油についてみていきます。

ただし、油のすべてがオメガ3系、オメガ6系、オメガ9系というわけではなく割合が多いものを指します。

・オメガ3系脂肪酸…魚に含まれる油、亜麻仁油

・オメガ6系脂肪酸…コーン油、ひまわり油

・オメガ9系脂肪酸…オリーブ油、高オレイン酸サフラワー油

 

●健康のために必要なのはオメガ3・9系脂肪酸

オメガ脂肪酸については心筋梗塞等心臓病への効果、脳機能への効果(主に老化や物忘れなど)、コレステロール値への効果が研究され、いくつもの研究で実績が上がっています。

それらのほとんどが『オメガ3系脂肪酸』ですので、これから健康のためにオメガ脂肪酸を摂取したいと考えているならオメガ3系脂肪酸にしてください。

日本人は一般的にオメガ6系脂肪酸は十分すぎるほど、と言われていますのでオメガ6系脂肪酸をオメガ3系脂肪酸に切り替えるイメージでもよいかもしれません。

また、オメガ9系脂肪酸も動脈硬化や高血圧への効果が指摘されていますので、オメガ3とオメガ9を摂取しましょう。

 

調理油をオメガ3系やオメガ9系に変えるのもオメガ脂肪酸を効果的に摂取する方法のひとつです。

あまり癖がなく使いやすい油で言えばオメガ9系のオリーブ油がおすすめです。

オメガ3系脂肪酸については、油だけではなく青魚などからも摂取できますし、豆類にもオメガ3系脂肪酸が含まれています。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/12/14-384362.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

内臓脂肪を減らす効果が強い食品

  放置しておくと重大な病気になる生活習慣病を防止するには、内臓脂肪を減らす食...

写真を解析してカロリー計算を行う「Food Log」とは?新しい食事記録システム

    食事記録は、ダイエットや健康管理において効果的な方法とされています。...


ジュース好きは注意!毎日清涼飲料水を飲むと脳卒中リスクが約2倍になるかも?

近年の国立がん研究センターの調査で、コーラやジュースなどの清涼飲料水をほぼ毎...

水分は過剰に摂りすぎると下痢になる?!水分の正しい摂り方について

  水分の摂り過ぎや冷たいものの飲み過ぎで、下痢になったという経験のある人も少...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る