カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 検査 >
  5. 血圧はタイミングや回数など正しく測定することが大切!高血圧の治療

生活習慣病

血圧はタイミングや回数など正しく測定することが大切!高血圧の治療

 

高血圧の治療をしている場合や血圧が高めな時は、定期的に血圧を測定することが推奨されます。血圧はその時の状況によって高くなったり低くなったりします。正確に測り改善に役立てて行くために、正しい測定方法について確認しておきましょう。

 


■タイミングと回数

 

順調な人であれば週3日、治療中で薬を変更したなどの事情がある場合は週5回は測定するとよいでしょう。タイミングは朝と晩の2回です。朝は起きてから1時間以内の排尿後(尿がたまっていると血圧があがるため)、薬を飲む前に、夜は寝る前に少し安静に座ってから測ります。コーヒーなどのカフェインを含む飲料やタバコは血圧を変動させ正確に測定できなくなりますので、直前に飲まないようにしましょう。測定は1度に2回、1〜2分の間隔を開けて行うと良いとされています。ガイドラインでは、2回の平均値をとるとされています。

 


■測定時の注意

 

いつもの座り方でイスに座り、1〜2分ほど静かにリラックスします。腕に巻くカフを、ひじの関節にかからないようにしながら、素肌や薄い長袖の上に巻きます。あまりきつく巻きすぎず、指が一本入る程度にしっかり巻きます。巻いた部分が心臓の高さと同じになるよう調節しつつテーブルなどの台に腕を置きます。

 

 

 

測定した血圧は毎回記録しておき、受診する際に持参するとよいでしょう。病院で測定すると緊張や不安で血圧が高く出てしまう「白衣高血圧」になってしまうことがあります。また、診察室では測定できない寝起きや就寝前などの時間帯の血圧もわかりますので、この家庭での測定はとても有用なものとなります。家庭で血圧計を用意する場合は、指先の細い血管で測るものより上腕に巻くタイプのものがより正確に測れるようですので、よく検討して選ぶようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/05/07-036441.php?category=288])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

気になる血液の状態・・・検査は定期的に受けよう!定期的な健康診断がおススメの理由とは?

  ■血管をいつまでも若々しく、機能を維持していくには健全な生活習慣を続けるこ...

原因の病気があって生じる高血圧、二次性高血圧のスクリーニング検査ってどんなものがある?

  高血圧を生じている人の多くは、本態性高血圧という高血圧です。これは具体的な...


費用対効果を考えると安いもの?!家庭用の血圧計で高血圧治療

  健康な人であれば、普段血圧について気にすることはあまりないかもしれませ...

高血圧治療ガイドラインが改定!検査時の「降圧目標」の変更点

  2009年に日本高血圧学会により発表され、高血圧治療の基準となってきた...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る