カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 検査 >
  5. 高血圧で病院に行った場合、費用はどのくらいかかるの?

生活習慣病

高血圧で病院に行った場合、費用はどのくらいかかるの?

 

健康診断でひっかかったり、高血圧かなと思われる気になる症状がある場合は、病院で診察を受けることが推奨されます。高血圧は心血管疾患や脳血管疾患の引き金となることが多く、どの程度症状が進行しているのか、合併症の有無などを調べておくことが、命に関わる事態を防ぐことにつながります。いざ病院へ行こうとなった時に気になることの一つが「費用」についてでしょう。正確に知るには病院に問い合わせてみるのが一番ですが、おおよその目安として、どのくらいかかるのか調べてみました。消費税率が変わったりと、今現在の金額とは異なるものも多いと思いますが、あくまで参考までの金額です。

 

 

■初診料

 

まずは初診料ですが、810円という場合が多いようです。

 

 

■血液検査

 

必ず実施されるであろう血液検査は、検査項目にもよりますが、一般的な内容では3割負担で1500円程度だそうです。

 

 

■尿検査、心電図、胸部レントゲン検査

 

初心で高血圧を診てもらう場合は、問診、血圧測定、血液検査の他に「尿検査、心電図、胸部レントゲン検査」が基本の検査としてあるでしょう。この3つで3割負担の人だと2000円かかるようです。

 


■入院での24時間血圧測定は30000円

 

外来での診察では測定できない、24時間の血圧を測定する必要が出てくる場合があります。とある病院では、その際の費用は3割負担で30000円のようです。

 


■頸動脈エコー、脳波検査をする場合

 

場合よっては詳しい検査をしますが、その際の頸動脈エコーは1050円、脳波検査は390円というところがありました。

 

 

 

この他、薬が処方されればその分の費用も加算されるでしょう。人によって病気のレベルや必要な検査が異なってくるため、一概には言えませんがトータルで諸々含めて6000円以上はかかると見積もっておけばいいようです。気になることがあれば病院に確認してみるのが一番ですね。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/01-373465.php?category=33])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

原因の病気があって生じる高血圧、二次性高血圧のスクリーニング検査ってどんなものがある?

  高血圧を生じている人の多くは、本態性高血圧という高血圧です。これは具体的な...

検査や治療の基準となる「高血圧治療ガイドライン2014」改定について

  高血圧治療の指針となる「高血圧治療ガイドライン」が5年ぶりに改定されま...


レニン・アンギオテンシンを調べて高血圧がわかる!これらの値に異常があったらどんな高血圧?

  高血圧を調べる方法のひとつとして、レニン、アンギオテンシンを調べる検査があ...

高血圧治療ガイドラインが改定!検査時の「降圧目標」の変更点

  2009年に日本高血圧学会により発表され、高血圧治療の基準となってきた...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る