カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 検査 >
  5. 高血圧治療ガイドラインが改定!検査時の「降圧目標」の変更点

生活習慣病

高血圧治療ガイドラインが改定!検査時の「降圧目標」の変更点

 

2009年に日本高血圧学会により発表され、高血圧治療の基準となってきた「高血圧治療ガイドライン2009(JSH2009)」が、2014年4月より「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」として改定され、発行されました。さまざまな変更点がありますが、なかでも注目したいものの一つに「降圧目標」の変更があります。血圧を目標値まで下げるべく日々改善に励んでいる人にとっては気になる点ですが、どのような変更があったのかみていきましょう。

 


■若年者・中年者の降圧目標が変更に

 

これまで若年者・中年者の降圧目標は「130/85mmHg未満」でしたが「140/90mmHg未満」に変更されました。引き上げとなってはいますが、これは基準が緩和されたわけではないとのことです。というのも、これまで「高血圧基準値」が「140/90mmHg未満」であるのに対し若年者・中年者の降圧目標がそれより低く設定されていたため、「高血圧基準値は下回っているのに降圧目標は達成できていない」という矛盾が生じることもあったため、整合性をとるために変更されたというのが理由だからです。やはり「130/85mmHg未満」を目指した方がよいということに変わりは無いようです。

 


■高齢者は前期と後期に分かれる

 

これまで高齢者の目標値は「140/90mmHg未満」とされてきましたが、前期高齢者と後期高齢者に分けられることになりました。前期高齢者はこれまで通りですが、後期高齢者は合併症を発症することが多くなるため、まずは「150/90mmHg未満」を目標とし、可能であれば「140/90mmHg未満」を目指すという内容に変更されました。これを基準に経過や状態をみて都度調整していくようです。

 


■心筋梗塞後患者、慢性腎臓病患者

 

心疾患合併症患者の降圧目標と蛋白尿陰性の慢性腎臓病患者の降圧目標は、「140/90mmHg未満」に引き上げられました。可能であれば「130/80mmHg未満」を目指します。その他はこれまで通り「130/80mmHg未満」となります。

 

 

降圧目標は以前より明確なものになったようです。治療中の人は、気になる点があればかかりつけの病院で確認しておきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/01/24-375441.php?category=265])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

医者の前で安堵する職場高血圧

  体調に不安を感じ、病院に入って医者を前にする人は安堵し、精神を落ち着かせる...

家庭で測る血圧測定

血圧測定と言えば専門の医者や病院の専売特許と思う人は今も多いでしょう。し...


検査や治療の基準となる「高血圧治療ガイドライン2014」改定について

  高血圧治療の指針となる「高血圧治療ガイドライン」が5年ぶりに改定されま...

高血圧の疑いがある場合は病院へ!検査の種類と流れについて

  健康診断で高血圧の疑いと言われたり、自宅で測定した血圧が高めだったりし...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る