カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 高血圧対策に「豆乳」を使った飲み物を!血圧を下げるための食事療法

生活習慣病

高血圧対策に「豆乳」を使った飲み物を!血圧を下げるための食事療法

高血圧対策をするには食事療法が欠かせません。ポイントとしては、減塩する、余分な塩分を排出させる、血圧を上昇させる物質を弱らせるなどです。

 

豆乳には余分な塩分を排出させたり、血管の収縮を防ぐ効果があります。

 

◾︎豆乳に含まれる「カリウム」と「カルシウム」

豆乳にはカリウムが含まれています。カリウムは余分なナトリウムを体外に排出させる働きがあります。さらにカルシウムも含まれています。血液中のカルシウムの濃度が下がると血管が収縮し、血圧が上がってしまいますので、不足しないように豆乳で補うのもよいでしょう。

 

カルシウムが豊富と言えば「牛乳」が有名であり、豆乳よりもカルシウムが多く含まれていますが、豆乳のほうが日本人の胃腸に合っており、吸収しやすいとの説もあります。

 

また、豆乳には酸化を防ぐ作用があり、血管の老化である「動脈硬化」を防ぐ働きもあります。動脈硬化になると血管に柔軟性が失われ、血圧を調整しにくくなり高血圧の原因となりますので、防ぎたいところです。

 

◾︎飲むときの注意点

意外にも、豆乳を飲むとアレルギーが起きることがあります。大豆アレルギーではなくても起きることがあり、主にカバノキ科の花粉症の人に起きやすいようです。湿疹や赤みが出るなどの異変があれば飲用を中止するようにしましょう。

 

また、豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」は、サプリメントなどにより過剰に接種されると健康に害があると言われています。通常数杯飲む程度なら問題ありませんが、納豆や味噌などにも含まれていることも頭の片隅に置いておきましょう。体によいからと飲み過ぎないように注意して下さい。

 

調整と無調整では、無調整のほうがより効果が高いようです。カロリーも低く血圧にもよいので、1日3食のいずれかに取り入れてみたり、間食がわりに飲んでみたりするのはいかがでしょうか。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

塩分補給は必要最小限に!高血圧になるリスクを下げるためには

    ■塩分補給は必要最小限にすることで血圧が高くなるリスクを下げることがで...

塩分だけが高血圧の原因ではない!血圧と塩分の関係について

  高血圧の原因は塩分だと言われることが多いですが、それは高血圧の症状を起...


高血圧・脳卒中の予防にはカリウムが重要?!血圧低下との関係は?

高血圧の予防や治療のためには、「ナトリウム」の摂取制限が必須というのが現代の認...

減塩だけじゃない!血圧を上げる「高カロリー」な食事にも注意!

  高血圧の食事療法と言えば「減塩」というのが有名ですが、塩を減らしさえす...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る