カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 食道がん >
  4. 治療 >
  5. 食道がんで納得のいく治療法を!〜セカンドオピニオンとは~

ガン・悪性腫瘍

食道がんで納得のいく治療法を!〜セカンドオピニオンとは~

 

食道がんと診断されると病気や治療方法について詳しい説明を受け、治療方針を決めていくこととなります。がんを宣告されたことのショックや治療への不安などにより、治療についてよく理解できない・なかなか納得できないという場合もあります。そのような状態のまま治療を受けるとスムーズにいかなかったり、ストレスで回復に支障がでることもあります。もし納得いかない、他の医師の見解も聞いておきたいという場合は「セカンドオピニオン」を活用するという方法もあります。

 


■セカンドオピニオンとは

 

がんの治療方法について、最初に見てもらった医師以外の専門知識を持つ第三者にも意見を求めるというものです。平たく言うと、検査結果を持って他の病院を受診する、ということです。納得いかないまま治療を進めるよりも、複数の医師に意見を確認し、納得してから治療を行うというほうがスムーズに進められますし、医師もそれを否定したり拒否するということはまずありません。多くの病院でセカンドオピニオンを受け付けるしくみが整っていますので、検討する人は事前に問い合わせておきましょう。


■受ける際に重要なこと

 

最初に受診や検査を受けた病院に何も伝えなかったり、何も準備せずとりあえず他の病院へ行くというのは避けましょう。セカンドオピニオンを受けるには紹介状や検査結果などが必要になります。これらを持参することでまた同じ検査を受けるという身体的・経済的負担も避けられます。嫌な顔をされるということはまずありませんので、セカンドオピニオンを受けたい旨を伝え、必要なものを用意してもらいましょう。また、医師から受けた病気や治療の説明についてよく理解しておくようにしましょう。

 


■準備しておくもの

 

紹介状や検査結果に加え、質問したい内容、なぜセカンドオピニオンを受けようと思ったのか、不安に感じていることなどについて考えを整理しまとめておくようにしましょう。メモに記録しておくといい忘れや聞き忘れがなくスムーズです。また、セカンドオピニオンは保険外であり自費での診療となりますので、費用はあらかじめ多めに用意しておくと良いでしょう。

 

 

よく検討してから決めることも重要ですが、進行の早いがんですのでなるべく早く治療を開始することも重要です。セカンドオピニオンや書籍などで集めた情報をもとに、早めに自分なりの決断を出していけるとよいでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/29-349545.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

早期に治療をすれば生存率80%以上?!食道がんでの生存率

  食道がんは、他の臓器に比べ丈夫な膜に覆われていなため進行の速度がはやく...

最後は根治困難、食道がんの各ステージでの治療方法

  熱いお茶などを飲む習慣がある日本は食道がんの発生率が国際的にみても高く推移...


上昇の傾向にある食道がんの生存率

食道がんは進行するスピードがはやく、悪性のものが多いと言われるがんです。かつて...

再建には小腸を使う?各食道がんの切除治療方法について

  がんは進行してしまうと転移が広がってしまって、元々生じた場所のがんを切除す...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る