カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 食道がん >
  4. 検査 >
  5. 初期症状がほとんどない食道がんは検診が大切!食道がんの予防・早期発見

ガン・悪性腫瘍

初期症状がほとんどない食道がんは検診が大切!食道がんの予防・早期発見

 

食道がんは初期症状がほとんどなく、気づかないうちに静かに進行します。まれに比較的初期のうちに、熱いものや酸っぱいものを飲み込んだ時に喉や胸がしみると感じることもあるようです。その場合は市販の薬などで対処せず、早めに診察を受けておくとよいでしょう。しかし全員に症状が出るわけではありませんので、やはり定期的な検診で早期のうちに発見するということが重要です。喫煙者やお酒を大量に飲む人は特にリスクが高くなりますので、まずそれらを止めることで一次的に予防し、さらに検診も受けておくという二段構えで食道がんを予防・早期発見して行きましょう。

 

 

■食道がんの検診

 

食道がんの検診は、肺がんなどと異なり○歳以上であれば必ず行うなどという決まりがありません。しかし定期検診で胃がんの検診を受けた場合、あわせて食道がんが無いかも調べているようです。調べる方法としては、バリウムを飲んでその通過具合をX線検査で観察し、正常に通っているか、狭くなったり詰まっている箇所が無いかなどを調べます。この方法は、ある程度大きくなったがんを見つけるのに適しています。本当に初期のがんを見つけるには「内視鏡検査」が必要です。最近の内視鏡は性能がかなり高いものがありますので、ごく初期のがんを早期のうちに見つけることが可能となっています。また、食道がんのリスクが高い人を見分ける為の「問診票」も非常に有効なものです。

 


■検査を受けるには

 

各自治体で実施されている健康診断やがん検診、人間ドックを利用して受けると費用的にも負担が少なく受けられるでしょう。住んでいる自治体によって実施される時期や費用、対象年齢などが異なります。検査を受けることを検討している場合は、担当の窓口に問い合わせてみるとよいでしょう。

 

 

食道がんは進行がとても早いがんです。早期発見・早期治療が肝心ですので、リスクが高いと思われる人は特に対策をしておきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2014/02/15-385900.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

食道がんではどんな検査が行われる?

  食道がんの早期発見には定期的な健診が効果的ですが、それ以外でも嚥下困難や食道...

食道がんの疑いがあったら…より詳しく調べるための検査とは?

  食道造影検査や内視鏡検査で食道がんの疑いがあるとわかった場合、さらに詳しい...


内視鏡検査や食道造影検査など…食道がんを見つけるための検査について

  進行してしまうと治療の難易度が高くなる食道がんですが、近年では検査に使...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る