カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 食道がん >
  4. 検査 >
  5. 食道がんの疑いがあったら…より詳しく調べるための検査とは?

ガン・悪性腫瘍

食道がんの疑いがあったら…より詳しく調べるための検査とは?

 

食道造影検査や内視鏡検査で食道がんの疑いがあるとわかった場合、さらに詳しい検査を行い、確定診断や病気の進行度等について調べられます。現在では画像検査も著しく進歩しており、精度の高い検査を行えるようになっています。

 

 

■CT検査

 

X線とコンピューターを組み合わせて、人体を輪切りにした画像を得る検査です。現在では様々な角度からの画像が得られたり3D画像を描写できる機械なども登場しています。がんの広がりや大きさ、周囲への浸潤の程度や他の臓器やリンパ節への転移の有無などを調べられます。これは治療によってどのような効果が出たか調べたり、一度治癒した後の再発の有無を調べることにも利用されます。


■MRI検査

 

磁気を利用して体の内部の画像を得る検査です。CT検査のように被ばくの心配がありません。ベッドに横たわり、狭いトンネルのような筒の中に入って行われます。検査中はノックするような大きな音がしたり、検査に30~1時間かかるため、人によっては苦痛に感じる場合もあります。

 


■PET検査

 

がんは通常の細胞より活動が活発であり、多くのブドウ糖を必要とします。ブドウ糖に似た薬剤を体に投与しその分布具合を確認します。たくさん集まっているところにがん細胞があるとわかるため、全身の転移の様子を調べることができます。ただし、炎症を起こしているがんではない細胞にも集まるため、この検査のみでは診断ができません。CT検査を組み合わせることでより詳しい画像が得られるというのも特徴です。

 


他に「骨シンチグラフィー」や「腫瘍マーカー」などの検査もあります。これらの検査によって総合的に診断し、今後の治療方針が決められていきます。何か疑問点や不安なことがあればしっかりと確認しておきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2014/02/15-385902.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

内視鏡検査や食道造影検査など…食道がんを見つけるための検査について

  進行してしまうと治療の難易度が高くなる食道がんですが、近年では検査に使...

食道がんではどんな検査が行われる?

  食道がんの早期発見には定期的な健診が効果的ですが、それ以外でも嚥下困難や食道...


初期症状がほとんどない食道がんは検診が大切!食道がんの予防・早期発見

  食道がんは初期症状がほとんどなく、気づかないうちに静かに進行します。ま...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る