カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 肝臓がん >
  4. 脂肪肝、肝硬変の人は要注意!肝臓がんを予防する食事とは?

ガン・悪性腫瘍

脂肪肝、肝硬変の人は要注意!肝臓がんを予防する食事とは?

肝臓がんのリスクを高める要因として知られているのが、肝炎ウイルスの感染です。ウイルスを退治するのが免疫機能になりますが、これは肝臓に入り込んだ肝炎ウイルスには攻撃を加えることができません。そこで免疫細胞は肝臓自体を攻撃し始めることになります。これにより肝臓の修復と破壊が繰り返されると、肝臓に慢性的に炎症がおきている状態になります。やがて肝細胞の遺伝子が損傷を受け、がん化していきます。また、最近増えている肝炎ウイルス以外の要因に、お酒の飲み過ぎや食生活の乱れによるものがあります。こういった要因を取り除きがんを予防するには、食事の改善が重要になってきます。

 


◾︎肝機能を向上させる食事

 

肝臓にとって良い食事はバランスの良い食事です。栄養をとりすぎてもそれを代謝する肝臓に負担をかけます。以下のような点に注意しましょう。

 

・野菜や果物をとる・・・ビタミンやミネラルが多く含まれ、肝臓の機能を回復させたり助けたりする働きがあります。たんぱく質も十分にとるとよいでしょう。

 

・塩分をとり過ぎない・・・肝臓の機能が低下していると塩分は腹水やむくみの原因となります。

 

・鉄分をとり過ぎない・・・特にC型肝炎ウイルスを持っている人は、鉄の取りすぎは注意です。鉄分と酸素が結びつくと、細胞にダメージを与え体を酸化させる「活性酸素」が大量に発生することもあります。

 

・カロリーをとりすぎない・・・脂肪を取りすぎると脂肪肝になり、やがて肝臓がんへと進行するきっかけともなります。

 

・アルコールを控える・・・日本人はもともと、アルコールを分解する酵素の働きが弱い人が多いようです。発がん物質が作られることもわかっています。お酒をたくさん飲むと、食事のバランスが乱れがちになることも注意点です。

 

 

 

他にも抗酸化作用のある食品を食べたり、有害物質の排出を助ける食物繊維をとるというのも良いようです。バランスの良い食生活でがんを予防していきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2007/06/22-002749.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肝臓がんに関する記事

他の臓器のがんが肝臓に転移しておこる「転移性肝臓がん」とは?

  肝臓がんと一口に言われますが、それにはいくつかの種類が存在します。肝臓...

手術が間に合うのはステージ3まで!?肝臓がんのステージについて

  肝臓がんの症状が現れたら、すでに手遅れになっていると言われます。がんが...


肝臓がんのステージを判定する「病期分類」

肝臓がんの治療をどのように進めていくかを決めるために重要な項目として「病期(...

カラダノートひろば

肝臓がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る