カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 症状 >
  6. アルツハイマー型認知症の症状に多い被害妄想…アルツハイマーの進行を食い止める薬とは?

介護・認知症

アルツハイマー型認知症の症状に多い被害妄想…アルツハイマーの進行を食い止める薬とは?

認知症の一つであるアルツハイマー病について紹介します。

 

・アルツハイマー病

この疾患は脳が委縮することによって引きおこされるもので、認知症の中で一番多く見られます。最近では脳の神経の変性や特徴的な老人斑なども、原因の一つではないかと考えられています。

 

脳の委縮は徐々に進行しますので、記憶障害などから見当識障害へ、そこから古い記憶もどんどんなくなっていきます。

 

この疾患でよくみられる症状には、物を取られたように感じる被害妄想や、自発性の低下、言葉がうまく出てこなくなったりすることなどがあります。夜家を抜け出して徘徊したり、服を着れなくなったりと周りの介護を必要とすることも多いです。

 

・治療薬

アルツハイマー病を完全に治す薬ではないですが、進行を食い止める薬として広く使われているのが塩酸ドネペジル(商品名:アリセプト)です。アルツハイマーではアセチルコリンという物質が減少するのですが、この薬はアセチルコリンの分解を阻害して量を増やすことで効果を表します。

 

早期に薬物治療を開始すると、それだけ良い状態を保つことができます。

 

最近アルツハイマーに対する治療薬の開発が進んでいますので、将来病気自体を治す薬がでてくるかもしれません。

(Photo by //pixabay.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

お嫁さんの立場から考える!義父・義母がアルツハイマーだったら

 家族の中で「もしかしたら義父(義母)は、アルツハイマーかもしれない」と、お...

認知症?それともただの物忘れ?

年をとると誰でも物忘れは増えてきてしまいますよね。 ・物忘れ 体の機能が衰えて...


アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症の症状の違いは?

     我が国の認知症の1位はアルツハイマー型認知症で、次いで脳血管性認知...

アルツハイマーの問題行動に対して家族はどうしたらいい?

 アルツハイマーが原因の問題行動に対して、家族はどのような態度を取るのが望ま...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る