カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 肝臓がん >
  4. 原因・予防 >
  5. メタボの人は要注意!肝臓がんのリスクを高める病気「非アルコール性脂肪肝炎」

ガン・悪性腫瘍

メタボの人は要注意!肝臓がんのリスクを高める病気「非アルコール性脂肪肝炎」

 

日本の肝臓がんの原因として最も多いのが「肝炎ウイルス」によるものです。肝細胞がんの9割を占めています。しかし近年、残りの1割がきっかけとなって発症する例が増加傾向にあるようです。その中でも特に発症リスクを高めると考えられているものの一つに「アルコール性肝障害」があります。

 


■非アルコール性脂肪肝炎(NASH)とは

 

飲酒が原因でおこるアルコール性肝炎とは異なり、カロリーのとりすぎなどが原因で起こる脂肪肝が、さらなる刺激により炎症を起こすという病気です。肥満や糖尿病などに併発していることが多く、アルコールを飲む習慣が無い人でも発症する肝障害です。進行すると肝硬変に移行し、やがて肝臓がんとなる可能性が高くなります。肥満や糖尿病患者数の増加に伴い、今後も増えると見られている病気です。

 


■定期的な検診を

 

肝臓がんは、ある程度進行するまで症状があらわれない場合がほとんどです。非アルコール性脂肪肝炎から肝硬変まで進行してしまった場合、肝硬変と肝臓がんの症状が似ているため、気づかないうちにかなり進行してしまっていることがあります。その段階で病院へ行き肝臓がんだとわかった場合、治療が難しくなったり予後が悪くなることが考えられます。症状から見分けるのが難しいので、非アルコール性脂肪肝炎だとわかったら何ともないからと放置せず、定期的に検診を受けるようにしましょう。

 


非アルコール性脂肪肝になりやすい人の特徴は、メタボリックシンドロームである人、太り気味の人、糖尿病の人などです。思い当たることがある場合は食生活では油分を減らして野菜を多くとる、ウォーキングなどの軽い有酸素運動で脂肪を燃焼させるようにするなど、生活習慣を改善していきたいものです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/18-349135.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因・予防に関する記事

肝臓がんの血液検査の精度とは?~ALP・PIVKAⅡの陽性率は何%?

  腫瘍マーカーについて詳しく理解しよう!~肝臓がんについて   腫瘍...

人口甘味料入りのソフトドリンクは『週1回摂取で肝細胞癌発生6%増加』?!その実際とは

近年、国立がん研究機関によると、『週1回人口甘味料入りのソフトドリンクを摂取す...


肝臓がんとアルコール  肝臓を守ろう!

  肝臓は人間の臓器の中で脳の次に大きく、成人で1.2キロの重さがあります...

アルコールは肝臓がんの原因ではない?B.C型肝炎とアルコールの肝臓がんリスク

  アルコールを多飲すると肝臓がんになる、肝臓がんはアルコールが原因である...

カラダノートひろば

原因・予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る