カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 肺がん >
  4. 「非小細胞がん」と「小細胞がん」での余命の違いは?~死亡率が高い肺がん~

ガン・悪性腫瘍

「非小細胞がん」と「小細胞がん」での余命の違いは?~死亡率が高い肺がん~

 

近年増加の傾向にある肺がんですが、1993年にはそれまでがんの中でも死亡率が1番高く日本人に多くみられる「胃がん」を抜いて1位となりました。かかると死亡率が高いがんです。肺がんはガス交換を行う重要な臓器であり、たくさんの大きな血管やリンパ節が引き入れられていますので、がん細胞が全身に転移しやすいといった特徴が影響しています。また、他のがんでもそうですが、特有の症状が無く、症状が気になって受診した頃にはすでにかなり進行していたということもあります。タイプにもよりますが、基本的には発見が早期であるほど予後は良好であるようです。

 

 

◾︎非小細胞肺がんの場合

 

肺がんの平均余命は,「組織型」というがんの種類と、「病期」というがんの進行度、その人の体力などによって異なります。組織型を大別したうちの一つ「非小細胞がん」の平均余命を病期ごとにみると、比較的初期であるI期,II期の段階では,5年生存率が50%〜70%であるようです。次の段階であるIII期では,5年生存率が20%前後であり、IV期では10%未満のようです。それぞれの病気のタイプや治療の状況、本人の体力・気力によってはこのような統計結果に当てはまらない場合もあるでしょう。

 


◾︎小細胞肺がんの場合

 

細胞が小さく増殖するスピードが速く、転移もしやすいという特徴を持った「小細胞肺がん」は、無治療である場合、比較的初期であっても3〜4ヶ月で約50%の人が亡くなっています。全身に転移している場合は1〜2ヶ月で半分の人が亡くなっています。局所を対象にした手術よりも、抗がん剤や放射線による治療を行うことになりますが、治療を受けた場合は肺以外に転移していない場合で約50%の人が20ヵ月,30%の人が3年間生存しているというデータがあります。転移が全身に広がっている末期の状態では,半分の人が1年未満の生存となっているようです。

 

 

統計的にこのような生存率となっているようです。それぞれのタイプによっても異なってきますので、主治医の診断が重要となります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2014/02/15-385901.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肺がんに関する記事

肺がんのステージ分類とは?

  肺がんは早期発見をすれば治療は難しくない病気ですが、その早期発見が難しいた...

男性の死亡率NO.1、女性の死亡率NO.2!肺がんの死亡率

肺がんとは肺に発生するがんでのことで、早期発見が難しいがんとも言われています。世...


肺がんの初期症状は特有のものがない?早期発見が重要!

  近年では肺がんが原因で亡くなる人が、年間7万人を超えているとのことです...

肺がんの分類 腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん…何が違うの?

肺は呼吸を行い、空気中の酸素を取り込んで血液を通じてからだの細胞に酸素を供給...

カラダノートひろば

肺がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る