カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 肺がん >
  4. 検査 >
  5. スクリーニング検査で肺がんの疑い!確定診断にはどんな検査をするの?

ガン・悪性腫瘍

スクリーニング検査で肺がんの疑い!確定診断にはどんな検査をするの?


胸部CT検査や喀痰細胞診などのスクリーニング検査で肺がんの疑いが出てきた場合、本当に肺がんであるかどうかの検査が行われます。この確定診断ではどのような検査が行われるのでしょうか。

  

◾︎気管支鏡検査 

先にカメラが内臓されているファイバースコープを挿入し、直接気管支の内部を観察する検査です。異常があるとみられる組織をハサミのようなもので採取し、病理学的検査に出します。ファイバースコープは5mmほどと細いものが増えていますが、痛みや不快感をやわらげるために喉に麻酔をされるでしょう。気管支は先にいくほど枝分かれして細くなりますので、ファイバースコープが届かない箇所もあります。その場合は他のものと組み合わせて検査を行ったり細胞を採取したりします。

 

◾︎CTガイド下針生検 

皮膚の上から針を刺してがんが疑われる場所の細胞や組織を採取し、顕微鏡でがんかどうかを診断する検査です。CT画像で針を刺す時の方向や深さを確認しながら行われます。ファイバースコープが届かない場所を調べるのに適しています。

 

◾︎胸水細胞診

肺がんの場合、胸腔に胸水と呼ばれる水がたまることがあります。注射器などを使用し、胸水を採取して顕微鏡で調べます。

 

◾︎病理学的検査

採取した細胞や組織を検査します。細胞を採取して異型度を調べる「細胞診」、異常があるとみられる箇所を切り取って細胞の異型度や組織の構造を調べる「生検」があります。がんの確定診断だけでなく、がんの組織型の診断にも用いられます。

 

このような確定診断を行う際、針を刺したところから空気がもれたり気管支などから出血するなどの合併症がおきることがありますが、命に関わるような事態になることはまれなようです。何か異常があれば医師や看護師がすぐ対応してくれるので、遠慮せずに伝えたほうがいいようです。がんを早期発見するため、がんの可能性を否定するためにも検査を受けましょう

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

レントゲンだけでは早期肺がんを見逃す可能性が?!CT検査との比較!

定期健康診断でほとんどの場合、セットとなって受診する「肺のX線検査(レントゲン...

がんはどのくらい進行している?肺がんの病期診断で行う検査

  肺がんであると確定診断を受けた場合、がんがどの程度進行しているか確認す...


早期発見が何より大切!肺がん検診の種類と選び方

    男性のがん死亡率第1位の肺がん。転移しやすく、治りにくいのが特徴の肺...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る