カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 痛み >
  5. 麻薬は怖い?誤解の多いモルヒネ~安心して治療を受けるために~

ガン・悪性腫瘍

麻薬は怖い?誤解の多いモルヒネ~安心して治療を受けるために~


欧米の先進国では、癌生疼痛の緩和治療が積極的に行われています。日本では疼痛緩和に使用される「モルヒネ」について誤解があることなどを背景に、あまりさかんに行われていません。一般の人だけでなく医師でさえ誤解している場合があると言われていますが、適量を使用すれば問題がないばかりか、患者さんの苦痛を取り除き、積極的に日常を送るための支援をすることができるでしょう。安心して疼痛緩和の治療を受けるため、モルヒネについて本当のところを知っておきましょう。

 


◾︎多くの誤解

 

医療用麻薬であるモルヒネに関する誤解として、「麻薬だから依存性がある」「末期で他にできる治療が無くなってから初めて使えるもの」「だんだん効かなくなってきて、投与量がどんどん増えていく」などがあります。依存性については、痛みがある人にそれを取り除くための分量を投与しただけでは、薬物依存になることはありません。また、投与の時期についても、痛みが我慢できないほど強くなる前に使用した方がより効果があります。投与の量についても、痛みの強さの段階によって薬を使い分けたり、投与の方法を変えたりなどの対応があり、単純に効かなくなったらどんどん量を増やすということではありません。

 


◾︎3段階除痛ラダー

 

疼痛治療では、WHO方式が世界的な基準とされています。これは「3段階除痛ラダー」というもので、痛みを「軽度」「中等度」「高度」の3段階に分けて、それに応じて作用の弱い薬から強い薬へと変えていくというものです。これによると、医療用麻薬は中等度から、作用の弱いものを使用します。この基準に従って、安全性の高い疼痛緩和治療が行われるでしょう。

 

 

適切に使えれば痛みを取り除くだけでなく、延命効果も見込めます。納得できない点や疑問があれば、解消するまで医師に相談して決断すると良いでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/09/29-382650.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痛みに関する記事

痛みの強さ別!末期がんの疼痛コントロール~各種鎮痛薬について

末期がんの治療で重要なのが、痛み(疼痛)のコントロールです。末期がんの疼痛コ...

癌性疼痛ってがんによる痛みのことじゃないの? 痛みの種類 

    がんによる痛みとはとは、大きく分類して   がんによる痛み...


癌性疼痛の症状がでたらどうしよう?!‐自分で出来ること‐

  「がん」と言う一言で、何もかも思考停止状態になり、「がん」に関わる全て...

内蔵に出来たがんの癌生疼痛が起きるメカニズム~がんの痛み~

がんによって痛みが起きるという癌生疼痛には、幾つかの種類があります。大きく分...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る