カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 鼻水・鼻づまり >
  5. 子どもは鼻水をたらしやすい…子どもの鼻水には対処するべき?放っておくとダメなの?

育児・子供の病気

子どもは鼻水をたらしやすい…子どもの鼻水には対処するべき?放っておくとダメなの?

 

子どもはしょっちゅう鼻水を垂らしているというイメージがあるとおもいます。

実際、まだ免疫力が弱く、外から入ってくる異物や、ウイルスなどに対する抵抗力がありません。そのウイルスなどを最初に追い払う部分が鼻です。

そのため、鼻に症状が出やすいといえます。

 

鼻水の色をチェックしよう!

・透明でツーっと垂れてくるような鼻水

鼻の中に入った埃や異物などを外に出そうとして出る鼻水です。まず、問題はないでしょう。また、この鼻水はかぶれやすいので、こまめに拭ってあげてください。

 

・黄色や緑っぽい鼻水

風邪を引くとこのような色になります。長引く場合は、アレルギーや蓄膿症の疑いも出てきます。その場合は医師に診断を仰ぎましょう。

 

鼻水が詰まっていたら、放っておかずとってあげて!

黄色や緑色の鼻水は粘り気があり、鼻づまりを起しやすいのが特徴です。鼻づまりを放っておくと、頭痛の原因になったり、意識がボーっとしてくることがあります。

また、ウイルスや細菌を含んだ鼻水が喉のほうに流れていって、そのまま身体に入り込んでしまい、風邪などを悪化させてしまう可能性もあります。

年齢のいった子は鼻をかませるなどし、赤ちゃんや、自分で鼻をかめない子は鼻水の吸引器(ドラッグストアなどで手に入ります)を使うと、すっきり取れます。

ただし、やりすぎると鼻腔を傷つけますのでほどほどにしましょう。

 

鼻水が詰まるとぐっすり寝られなくなる

大人でもそうですが、鼻が詰まっていると寝苦しいですよね。

それは子どもも同じです。夜中に何度も起きることになると、子どもの体力も回復しづらいですし、親の体力も回復できません。

ぐっすり寝てもらうためにも、きちんと対処してあげましょう。また、赤ちゃんの場合は、たて抱きにすると改善できます。

 

鼻水は身体ががんばってウイルスを外に出そうとしている証拠です。鼻水が長引いているならそれはウイルスがまだ残っているということになりますので、小児科もしくは耳鼻科へ受診してください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/07/13-348396.php?category=51])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

鼻水・鼻づまりに関する記事

そういえば処方されないな…子どもの鼻水を止める薬

  子どもが風邪をひいて病院にいくと、咳止めや解熱剤などの薬が処方されることが...

子どもの鼻水の吸引!そのために知っておきたい「鼻の複雑な構造」と「正しいやり方」

 小さい子どもは鼻水が出てきたなと思っても、自分で鼻をかむことができません。...

鼻水・鼻づまりの体験談

鼻が詰まってねむれない赤ちゃん

娘が風邪をひきました。特に鼻づまりが酷いみたいでつらそうです。 赤ちゃんの鼻風邪、自分で鼻水出せな...

赤ちゃんの鼻づまり対策~吸引器がないとき~

赤ちゃんの鼻詰まりは病気でなくとも割とよくみられる現象ですよね。赤ちゃんの鼻の粘膜は大人に比べてとて...

カラダノートひろば

鼻水・鼻づまりの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る