カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 肌トラブル >
  5. 怖い紫外線から肌を守ってアンチエイジング!

美容・ダイエット

怖い紫外線から肌を守ってアンチエイジング!

 

 

5から9にかけてお肌大敵である紫外線が増えます。徹底的に紫外線から皮膚を守ってお肌の老化を防ぎましょう。

 

 

(紫外線の肌への影響)

紫外線を浴びた分だけ老化します。ダメージはすぐには出ませんが、肌の深部蓄積され数年後シワシミくすみとなって現れます。紫外線を浴びた肌は、著しく乾燥してしまします。繰り返し紫外線の影響を受けると内部隙間だらけになって水分が逃げ、表面キメが乱れて肌荒れの原因になります。

 

(普段からできる紫外線の対策!)

・紫外線は10から14ころが一番強いので、なるべくこの時間帯を避ける

日傘帽子サングラス等で紫外線を防止しましょう

日焼け止めクリームを使いましょう

 

(紫外線から肌を守るための日焼け止めクリームの使い方)

日焼け止めクリームは紫外線対策にはとても効果的です。で流れ落ちるので23時間ごと塗り直しだけでなく、露出部分も忘れずに塗りましょう。

 

(「SPF」「PA」って何のこと?)

日焼け止めに書いてある「SPF」、「PA」の表示がありますが、これは紫外線の種類による効果を表したものです。

SPF」は紫外線Bを防止する効果強さ数字で示しており、数字が多いほど紫外線の防止効果が高いという事です。

PA」は紫外線Aを防止する効果で示しています。+表示3個が一番強いです。

 

 

紫外線は、乾燥炎症を促し、バリア機能が低下してしまいます。バリア機能は「潤い」が大事です。海水浴や行事で、特に日焼けをしてしまった時はでしっかり冷した後に、炎症を抑える効果のあるジェルを塗りケアをしましょう。日ごろから、お肌の手入れはしっかり行い、保湿効果が高いもので保護しましょう。

 

 写真://www.ashinari.com/2014/05/05-388415.php?category=2

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

肌トラブルに関する記事

試してみよう!おうちで出来る☆お疲れ肌のケアWeekの方法&過ごし方♪

  夏は過酷な状況で生活をします。よく「肌は夏に歳をとる」と言われるように...

秋以降の肌に差が出る?肌の夏疲れを防ごう!こんな傾向があれば要注意

 夏の終わりになると気になるのが、肌の夏疲れ。どんな風に夏を過ごしたかで、秋...


だんだん大きくなっていく背名のおでき、もしかしたら「粉瘤(アテローム)」かも

背中は、体の部位の中でも「おでき」ができやすい場所です。一般的にはニキビのよ...

夏疲れは肌にも現れる!起こりやすい肌トラブルの症状

夏疲れの症状は、体のあらゆる場所に現れます。中でも女性が気になるのは、お肌で...

カラダノートひろば

肌トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る