カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 生活改善 >
  5. 寝る前にしている行動が原因?!不眠を招く生活習慣とは

不眠・睡眠障害

寝る前にしている行動が原因?!不眠を招く生活習慣とは

 

 なかなか寝つけない、寝てもすぐ目が覚めるなど、眠りに関する悩みが多い人が増えています。早寝早起きは健康な体作りの基本です。

不眠の原因となっているのは、寝る前にしているあなたの行動が原因かもしれません。生活習慣を見直して不眠症の改善をしてみませんか。

 

不眠の原因となる行動…TV、スマホ、パソコン

現代人は、TVを見ながら寝る、寝る前にパソコンや携帯を使うことが当たり前のようになっています。人間の脳は太陽が出ている時に覚醒し、夜間は21時から22時の間に「おやすみ」体制に入り、眠ろうとします。朝のまぶしい光が、夜間に分泌されていた「メラトニン」という眠りに関わるホルモンの分泌を止める信号になっています。

 

このような体のリズムが、夜間のパソコンやスマホの使用で体内時計を狂わせてしまいます。電子機器が発する可視光線の中でも波長が短い、青色光が問題で、この光が脳を刺激して覚醒させるため、眠気を遠ざけてしまう原因になっていると考えられます。

 

お酒やたばこも不眠の原因に

アルコールを飲んだら、寝つきが良くなると思っている人はいませんか?実は、アルコールは睡眠の質を下げるだけでなく、浅い眠りになってしまい、途中で目が覚めたり、朝早くから目が覚めてしまったり、一度目が覚めると、寝付けなくなったりと悪影響を及ぼすことが分かっています。

 

飲んで寝るのは、気持ちがいいからやめられないという人も少なくないと思いますが、寝る前のお酒は程々にしましょう。また、たばこに含まれるニコチンには覚醒作用があるため、寝る前のタバコは不眠に繋がります。

 

このように、実は寝る前にしていた習慣が不眠に繋がっているかもしれないので気を付けましょう。

(Photo by:足成)

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活改善に関する記事

あなたのその生活習慣が睡眠を妨げているかもしれない!睡眠に障害になる習慣って?

不眠症になると眠る環境や、寝ているときの問題に目が向きがちです。しかしもしかし...

温度が高すぎても低すぎても快眠にはならない!快眠できる部屋の湿度はどれくらい?

  不眠と温度には関係があります。温度が高すぎても低すぎても、人の体は眠り...


秋の眠りの質を向上するために運動が最適な理由とは?運動に適した時間帯は○○!

秋の眠りを支える習慣のひとつが運動です。運動によって眠りやすくなる理由、特に秋...

不眠の原因は部屋の環境にもある!快眠のための温度ってどれくらい?

  不眠には、生活環境も関連しています。朝の光や夜のパソコン、携帯電話の影...

カラダノートひろば

生活改善の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る