カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 発達障害 >
  5. 学習障害には左利きが多い?利き手と学習障害にはどんな関係が存在するのか?

育児

学習障害には左利きが多い?利き手と学習障害にはどんな関係が存在するのか?

LDと呼ばれる発達障害があります。これは学習障害という発達障害のことで、読む、書く、計算するなどの特異的な場面において学力の著しい低下が見られるものを指します。

 

これはなまけによって学力が身についていないのではなく、先天的な脳の異常によって起こります。

 

学習障害と左利き

学習障害児には左利きが多いです。そのため学習障害を発症することは、左利きであることと何か関係があるのではないかと考えられる傾向があります。

 

実際、人口から見た左利きの割合と、学習障害における左利きの割合を比べると、学習障害における左利きの割合は明らかに多いです。両利きも併せると、とても多くなります。

 

左利きがどうやって学習障害に関係するの?

右半身と左脳、左半身と右脳がつながっているというのは聞いたことがあると思います。人の言語機能をつかさどる部分というのは、脳の左半球に偏在しています。

 

一般的に、利き手が右手の人の95%以上は左半球が優位に働いています。脳にも利き手と同じように、利き脳があるのです。

 

一方、左利きの人は、言語機能が片側に偏在することはないと言われています。そのため、脳に混乱が生じ、情報処理がうまくできなくなるのではないかという考えがあります。

 

無理矢理矯正した結果脳に支障が出る?

もしかしたら、聞いたことがあるかもしれませんが、昔から左利きというのは家庭や学校において矯正されることがありました。というのも、社会の仕組みがほぼすべて右利きの人ようにできているためです。

 

しかしこれによって、脳は左手を使うように指示しているのに、実際にはその指示を無視して右手を使わせようとすることで、脳に悪い影響が与えられるとも考えられています。

 

実際この左利きと学習障害の関係はよく分かっていません。ただ、事実として学習障害には左利きが多いというだけです。

 

現状を裏付ける説明は、これからより一層の研究が期待されるところです。 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

発達障害に関する記事

知的障害や発達障害を残す可能性も!先天性代謝異常とは

    「先天性代謝異常」とは、生まれつき代謝の異常がある病気です。発見が遅れ...

睡眠に関する困ったを解決しよう

    子どもの日常生活の中の困った行動の中には、発達障害の特性に起因す...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

発達障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る