カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 発達障害 >
  5. 話す・聞く・読む・書く・計算…特定の学習が苦手な学習障害の子にはどう対処したらいい?

育児・子供の病気

話す・聞く・読む・書く・計算…特定の学習が苦手な学習障害の子にはどう対処したらいい?

 

特異的な発達障害を見せるのが学習障害です。学習障害のある子どもは、学校の勉強面で困難を抱えることになります。そのため、親御さんや学校の先生は具体的に、対応策を練る必要があります。

まずは、その子の学習障害の特徴についてよく知ることですが、その上でその子に即した対処をしてあげる必要があります。

 

話すことが困難な場合

話すことに困難がある学習障害の場合には、子どもが話していることに、対して否定したり非難したりしてしまうと、話すこと自体を忌避してしまいます。

ですからその場合には、説明を補充してあげるという形で、正しい文を教えていくのがよいでしょう。

 

聞くことが困難な場合

聞くことに困難がある学習障害の場合には、無理に言葉だけで分からせようとする必要はありません。

何度も説明していると子どもも聞くことが嫌になってしまいますし、怒られているような気分になって関係も悪くなります。

この場合には言葉だけでなく絵や写真、文字などで視覚も刺激するようにしましょう。また、学習障害の子どもは周りの騒音などで集中力が途切れてしまうので、周りの環境を整えてあげて聞き取りやすいように話してあげるのもよいです。

 

読むことが困難な場合

読むことに困難がある学習障害の場合には、無理に教科書などを読ませようとするとストレスに感じるかもしれません。

読む訓練をするならば本人の好きなものを読ませてあげましょう

指で文字を追いながら読んだり、文字を大きくして読みやすくしてあげてもよいです。

 

書くことが困難な場合

書くことに困難がある学習障害の場合には、周りの子が使っているのと同じノートを無理に使う必要はありません。

マス目が大きいノートを用意し、はみだしたり、うまく書けなくても怒らないようにしましょう。書くことは慣れの部分もありますから、書くことを嫌なことにしないで、どんどん書かせる方がよいでしょう。

 

計算が困難な場合

計算に困難がある学習障害の場合には、書かれた数だけでしつこく教えていると、考える気を削いでしまいます。

数字だけでなく、絵やグラフ、おはじきなどを使って教えましょう。最初の段階でしっかりと数字の概念を獲得できるとその後にも、良い影響があります。

 

得意でないことに慣れ親しむには、それなりの工夫と周りの大人の接し方が重要です。子どもの立場に立ってストレスを極力かけない方法を探しましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/01/07-344594.php?category=51])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

発達障害に関する記事

我が子ももしかして…?ADHD(注意欠陥・多動性障害)の症状や特徴を理解しよう

ADHDは注意欠陥・多動性障害の略で、発達障害の一つですが、具体的にどのよう...

耳にはするけどよく知らないかも・・・「発達障害」って何?どんな症状?

  一度は『発達障害』という言葉を聞いたことがあるかもしれません。子どもの発達...

発達障害の体験談

発達障害と自閉症~よく泣くことについて~

( ゚▽゚)/コンニチハ 我が家の長男は療育センターに通っています。 理由は発達障害と自閉症 ...

発達障害と自閉症~言葉と癇癪~

( ゚▽゚)/コンニチハ! 長男には発達障害と自閉症があります。 育てて行く中で薄々気がつい...

カラダノートひろば

発達障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る