カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 子どもが結核にかかったら…日本でも結核の感染意外とあるんです!大人と違う結核症状とは?

育児・子供の病気

子どもが結核にかかったら…日本でも結核の感染意外とあるんです!大人と違う結核症状とは?

 

結核というと昔の病気という印象があるのは否めないでしょう。

しかし、実際は日本国内でも結核はあり、知らない内に結核菌の保菌者になっているということがあります。その場合注意しなければいけないのが、赤ちゃんや幼児への感染です。

 

赤ちゃんや幼児が結核になるということ

子どもが結核に感染するということは、家族や頻繁に接する人の中に結核菌の保菌者がいると思ってよいでしょう。

もし感染させる前に分かったら、子どもにうつさないように努める必要があります。

 

結核の症状ってなに?

大人の結核の場合、その症状として「長く続く原因不明の咳」が印象としてあると思います。大人は菌を持っていても、発病までに数年かかることがあります。

しかし、子どもの場合の結核は、大人のそれとは少し違います。

2歳以下の子どもの場合の結核は、咳はもちろんのこと、以下の症状も伴って見られます。

・発熱

・嘔吐

・頭痛

・けいれん(髄膜炎に進行した場合)

・呼吸困難

これらの症状は風邪の症状と似ているので、風邪として見逃してしまう可能性もあります。

怖いのは結核菌が血液から髄膜に感染することで発病する髄膜炎で、この場合、高熱や激しい嘔吐、けいれんなどの全身症状から、脂肪の危険が高まります。

 

一方、長児になると大人の場合と同じような症状が見られます。咳はもちろんですが、以下の症状が見られます。

・発熱

・倦怠感

これらの風邪のような症状が3週間以上続く場合には、結核を疑ってみる必要があります。

 

子どもが結核に感染した場合には、症状が急性的に出ます

だからこそ、風邪の症状と間違いやすいのですが、症状が変に長く続く場合や、顔色が悪くなった場合などには、「風邪だから大丈夫」と思わず「一応病院で診てもらおう」と行ってみるのがよいです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/09/30-028630.php?category=53])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ホームケアに関する記事

発熱や熱性けいれん!救急にかかるべき危険な症状の見分け方

お子さんが発熱したとき、家での看護でよくなる状態か、危険な症状へとつながる要...

「かゆみに効果アリ?」試す価値アリの対策法!

  辛い痒みには、皮膚科へ行き軟膏をもらったり、緩和させるために冷やしたり...

ホームケアの体験談

あれが原因?!あかちゃんの初めての発熱

一人目の子供は丈夫だったのか過保護すぎたのか1歳になるまで高い熱を出す事はありませんでした。 おか...

鼻が詰まってねむれない赤ちゃん

娘が風邪をひきました。特に鼻づまりが酷いみたいでつらそうです。 赤ちゃんの鼻風邪、自分で鼻水出せな...

カラダノートひろば

ホームケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る