カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. 飲み込む機能が不十分な子どもにおこる「嚥下性肺炎」…風邪じゃないのに変な咳してない?

育児

飲み込む機能が不十分な子どもにおこる「嚥下性肺炎」…風邪じゃないのに変な咳してない?

 

風邪などの感染症を生じているわけでもないのに、急に咳込んで止まらなくなるという場合、何を疑うでしょうか?もしかしたら食べ物が気道に入っておこる嚥下性肺炎を引き起こしているかもしれません。

 

嚥下性肺炎ってなに?

誤嚥(ごえん)性肺炎というのを聞いたことがあるでしょうか。

嚥下性も誤嚥性も同じなのですが、食べ物などをうまく飲み込むことができず、気道に誤って入ってしまうことで起こる肺炎です。誤嚥はよく老人の肺炎の原因として挙がります。

老人にも子どもにも共通するのが、体の機能の不十分さです。老人の場合は加齢に伴う機能低下によって、そして子どもの場合は未発達であることによって、ものを食べる際に、誤ってそれが気道の方に入ってしまうことがあります。それで肺炎を引き起こすのが嚥下性肺炎です。

 

子どもはどんな症状?

肺炎だからと言って常にゴホゴホと咳をしているわけではありません。

普段は元気がよく、風邪のような症状も見られません。

しかし、急に咳込んだり、その咳がなかなか止まらなくなります。あるいは変な咳が出るなどします。

特に咳が激しいのが、食べ物などが気道に入ったときですが、その時の咳はしばらくすれば止まります。しかし、気道に入ったものが今度は肺炎を引き起こすので、また数日たってから咳が出るようになります。

 

病院に行ったら検査は?治療は?

嚥下細肺炎かどうかを調べるためには、聴診器で肺の音を聞いたり、胸部X線検査で異物の有無を確認する必要があります。

異物が確認されたら、内視鏡を使って異物を取り除きます。

異物を取り除いたのちに肺炎の治療が行われます。気道症状が治まるまでは経口哺乳が禁止になることもあります。基本的に肺炎の治療は抗生剤によります。

 

小さいうちはピーナッツなどの豆類は避けたほうが良いかもしれません。

これらはX線で確認しにくく、取り出す際にもつぶれやすくて取り出しにくいです。

さらに脂肪分が溶けて肺炎を起こしやすいので、与えるときには配慮が必要です。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/2009/02/23-014440.php?category=51 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ホームケアに関する記事

子どもの蕁麻疹の症状と対処法について知っておこう!

じんましんという症状は知っているけど、実際になったことがなければ、どのような...

赤ちゃんの突然の発熱!突発性発疹

  赤ちゃんの突然の発熱!突発性発疹     赤ちゃんの突然の発熱は、親...

ホームケアの体験談

あれが原因?!あかちゃんの初めての発熱

一人目の子供は丈夫だったのか過保護すぎたのか1歳になるまで高い熱を出す事はありませんでした。 おか...

鼻が詰まってねむれない赤ちゃん

娘が風邪をひきました。特に鼻づまりが酷いみたいでつらそうです。 赤ちゃんの鼻風邪、自分で鼻水出せな...

カラダノートひろば

ホームケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る