カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. もし身内が末期の肝臓疾患になったら…知っておきたい唯一の治療法『肝臓移植』~肝硬変の原因とは?~

気になる病気・症状

もし身内が末期の肝臓疾患になったら…知っておきたい唯一の治療法『肝臓移植』~肝硬変の原因とは?~

肝臓は移植のため切り取っても、また再生することができる

肝硬変や肝細胞がんなど、末期の肝臓疾患は根治が不可能であるため、その治療法として他者から臓器をもらう『肝移植』が行われます。肝移植のドナーには、【生体肝移植と脳死肝移植】のいずれかを選択することになりますが、脳死肝移植は適応や緊急性によって受けられる順番が決まるため、生体ドナーよりも治療開始が困難な場合が多いようです。

 

通常、60歳以下で体格差が極端でなく、近い親族であれば生体ドナーとなることは可能です。日本では1989年以来、年間約400例~500例の生体肝移植が行われているとの報告があります。肝臓は損傷しても再生する能力があり、移植によって半分以上失っても半年程度で再生することが知られています。しかし、再生の際に肝臓と腸の癒着が起こる可能性があるなど、知っておくべき合併症はいくつかあります。以下では、肝臓移植についての詳細を見て行きたいと思います。

 

肝臓移植の詳細について

<生体ドナーになるための条件>

1)倫理的条件

近い身内(原則、配偶者と3親等以内の血族)であること。自らの自由意思の善意の臓器提供であること。

 

2)年齢条件

成人で原則として60歳以下。

 

3)医学的条件

原則、健康であり、ウィルス性肝炎などの血液を介してうつる感染症がない、解剖学的に手術可能で、極端な体格差がないこと。

 

上記の条件に加え、本人からの検査申し込みが行われると、以下の検査予約の調整に入ります。

 

◆一次検査(血液・検尿・心電図・肺機能・胸腹部レントゲン・腹部超音波検査)

◆二次検査(造影CT検査:移植する肝臓(=グラフト肝)の大きさを決める)

◆三次検査(精神科受診、HLA・MRCP検査(時に、肝生検も必要:脂肪肝など)

 

<手術時間について>

ドナー手術:約5~8時間。前述のようにCT検査によって、切り取る部分(レシピエント:患者に渡す部分)と、ドナーに残す部分を判断します(=部分肝移植)。再建すべき4つの構造物(肝動脈、門脈、肝静脈、胆管)は温存します。

 

⇒最小の区分では、肝臓の4分の1に当たる『左外側区域(左端の部分)』を切り取り、最大の区分では、半分~3分の2に当たる『右葉』を切り取ります(通常、体格に合ったサイズが必要になる。ドナーの安全のために、最低30%の肝臓を残すことが必要。)

 

<術後経過について>

特に合併症が見られず、経過が順調であれば以下の日程にしたがって進められます。

 

術翌日(1日目):離床⇒2~3日目:水分・食事開始。硬膜外チューブ(背中に入っている痛み止めチューブ)、尿道カテーテル抜去。⇒7日目:創の抜鉤

 

10~14日目:肝機能の改善で退院⇒1ヶ月目:初回外来⇒2~3ヶ月目:自宅安静から、社会復帰へ。

 

<主な合併症について>

ほとんど症例では、上記のような経過となりますが、一部において手術に伴う合併症が発生することがあります。

 

◆血栓症

1~2%の確立で生じると言う報告があります。緊急に血栓を取り除く再手術が必要となります。

 

◆胆管の合併症(胆汁の漏出、狭窄)

胆管の合併症は、15%の確立で生じると言う報告があります。胆汁の漏れは、手術後1ヶ月以内の早期に起こることが多く、狭窄は、数ヶ月以内の発症が多いとされています。再手術によって改善する可能性はありますが、全身の感染症が生じ、致命的になる可能性があります。

 

◆感染症

術後早期で死亡原因の最多であるのが、感染症によるものです。手術前の全身状態の弱りと、免疫抑制剤による影響が大きく関わっています。対処法には、抗生物質が主に使用されます。

 

◆呼吸器障害

早期に無気肺、全身感染に伴う肺の機能障害などによる呼吸障害が生じる可能性があり、人工呼吸器が必要となる場合もあります。また、手術前や手術中・術後に、種々の原因で腎臓の機能が低下した場合には人工透析を必要とする場合もあります。 

 

◆拒絶反応と免疫抑制

拒絶反応は、移植後5日~数週間で生じる可能性があり、制御できない場合再移植の可能性もあります。また、免疫抑制によって抵抗力が弱くなりますが一般病棟で十分管理可能な程度であると言われています。免疫抑制剤は、成長障害、糖尿病、腎障害などを引き起こす可能性があります。

 

◆胆管・血管狭窄による、肝機能低下

血管の狭窄は、数ヶ月~2年くらいの間に全体の5%以下、胆管の狭窄は約10%の症例にみられます。胆管狭窄は、黄疸や肝機能低下、血管狭窄も肝機能低下に繋がる可能性があります。

 

◆原疾患の再発

B型・C型のウイルス性肝硬変、肝臓癌、原発性胆汁性肝硬変、原発性硬化性胆管炎、などの場合、移植後に再発する可能性が数%の可能性であるという報告があります。

 

◆腸閉塞

まれに、手術によって腸管癒着が生じ、癒着がひどいと腸閉塞が生じることがあります。

 

<費用について>

肝移植の保険適応基準には、肝硬変の非代償期(黄疸・浮腫など症状が表れている状態)であり、かつ『ミラノ基準』に合致している必要があります。

 

◇ミラノ基準とは・・・肝臓癌が遠隔転移(肝臓外への転移)と血管侵襲(肝臓の大きな血管に噛みこんでいくこと)を認めず、かつ、5㎝以下の固まりが1個、または、複数ある場合は個数が3個以下で、最大径が3㎝以下であること。

 

 

最初にも述べましたが、肝臓移植は末期肝臓疾患では唯一の治療法になる可能性が高く、親族に肝障害を罹患されている方がいる場合、万が一のために知っておきたい治療法です。近年では、2010年の改正臓器移植法案が施行された後、これまで生体ドナーが9割とされていたのが、脳死肝移植が急増したと言われています。しかしながら、すぐに適応のドナーが見つかるとも限らず、一度は親族が合併症などに理解をした上で、ドナーとなるかの判断を考えておいたほうが良さそうです。

 

 

肝硬変末期…出来る治療はあるの?もう治療法はないの?

 肝硬変の症状を起こし、検査をおこなうとすでに末期だと診断された場合、頭によぎるのは「あとどのくらい生きられるのだろう」という疑問です。

 

医師によっては、この時点で余命を告げられることもあるかもしれません。

 

肝硬変の末期だと診断された場合、実際にもうおこなえる治療は無いのでしょうか?

 

肝硬変の末期について調べてみました。

 

肝硬変の末期、もう治療法はない?

肝硬変の末期だと診断された場合、そしてそれがもし医師から「余命○○」だと告げられた場合、皆とても辛い心情に陥ってしまいます。

この際に「もう治療法はないの?」とよく疑問にもたれる方がいますが、出来る治療法としては対症療法や、薬物の投与、進行を遅らせるための治療、食事療法などが挙げられます。

 

治療としてはこのようなもので、病院へ入院となれば、延命のために出来る処置は行えるかもしれません。

 

が、しかし、大切にするべき部分は、患者さん御本人の意思です。入院はせずに、自宅で最期を迎えたい・・・と言う患者さんは少なくありません。

 

この場合、入院して行えるはずの治療に関しては困難になってしまいます。患者さん本人の意思がどのようなものかによって、末期症状の治療は方針が変わってきます。

 

自宅で治療を選択する場合

病院で入院治療をするのではなく、もう自宅で・・・と決断をされた場合、病院で受けられる治療よりも、出来る範囲が限られてしまいます。

 

この場合には薬を服用したり、定期的に病院へ通うなどの対処が可能ではありますが、自宅に帰った以上、症状の進行をいかに、遅らせるかがカギになります。

 

患者さん本人の、やりたいことや食べたいものなどを「もう長くないのだから」と行うことは間違いではありませんが、食事にも本来ならば気を配りたいところ。そこの判断に関しては、家族皆での話し合いになるかとおもいます。

 

肝硬変末期と診断された以上、回復はとても困難だと覚悟しておく必要があるでしょう。しかし『病は気から』とも言われるように、気持ちの持ちようで、病気の進行も変わってきます。

 

くよくよと悩みストレスを感じながらの生活よりも、活き活きとハツラツとした生活であれば、病気の進行も遅くできる効果があると、言われています。

 

 

最近では若年層でも?!アルコールも原因に?肝硬変の原因とは?

肝臓という臓器は、臓器の中でも比較的症状の出にくい臓器と言われています。しかし生活習慣病や病気によって肝硬変になることもあります。どのような原因があるのかを知り、予防と改善に努めましょう。

 

加齢とともに増加する生活習慣病

肝硬変になる主な原因は、ウイルス性肝炎によるものが殆どです。しかし、最近では生活習慣病から引き起こされる、アルコール性肝硬変というものも増えてきているようです。生活習慣病は、加齢と共になりやすくなり、中年病と言われるくらいですが、最近では若年層にも生活習慣病が現れるようになり、それと共にアルコール性肝硬変も増えているのではないでしょうか。

 

アルコール性肝硬変

肝臓は摂取したアルコールをエネルギー源に変え、残りを炭酸ガスと水分に分解して体外に排出します。正常な状態の肝臓であればこの働きをスムーズに行うことが出来ます。しかし、毎日大量のアルコール摂取を続けていると、肝臓は休むことなく働き続けなければならないので負担となり、傷ついた臓器を修復しにくくなってしまいます。傷ついた臓器をしっかりと回復する間もなく働き続けるため、肝臓への負担はより一層大きなものとなり、結果としてアルコール性肝硬変が引き起こされるのです。

 

肝硬変の原因はウイルス性肝炎だけではありません。アルコールを頻繁に、多量に飲む人は、アルコール性肝硬変になりやすくなりますので、気をつけるようにしましょう。

 

 

まだ肝臓は死んでいない!代償性肝硬変とその治療

肝硬変は、慢性肝炎が進行し、肝臓が繊維化して硬くなった状態のことです。肝硬変は、肝臓がどのくらい硬くなったか、その状態によって代償性肝硬変と、非代償性肝硬変の2つに分類することが出来ます。

 

代償性肝硬変

代償性肝硬変は、肝臓の細胞が全て壊されたものではなく、残っている細胞によってなんとか肝臓としての機能を維持できている状態です。壊された細胞の代わりを他の細胞が補っているということで、この名前がついています。この代償性肝硬変の状態からさらに進行すると非代償性肝硬変となります。

 

代償性肝硬変の治療

代償性肝硬変の場合、肝臓の機能を回復させる治療になります。処方された薬を服用すると同時に、生活面の改善を行っていきます。重労働や疲労の残る仕事は避け、食事も栄養のバランスがとれた食事を規則正しく摂取するようにします。アルコールの摂取も控え肝臓に障害の出る薬の服用もしないようにします。

 

積極的に摂取:高カロリー・高たんぱくビタミン・消化しやすい食事

アルコールは厳禁

 

肝硬変は一度なってしまったら、治療で肝臓を元の状態に戻すのは、とても難しいことです。そのため早期発見と早期治療が大切です。症状が酷くなると肝臓がんに発展してしまうこともある怖い病気です。日頃から肝臓に負担をかけないような生活を送るようにしましょう。

 

 

どのような制限がある?『肝硬変』の食事療法まとめ

肝硬変の食事では、『耐糖能異常・筋肉量低下・アンモニア血症』など配慮する必要のある項目が多い?

肝硬変は、慢性肝疾患が進展し肝細胞が炎症・壊死を起こし、それに伴って繊維化と再生の繰り返しによって、硬く縮小し、凸凹のある表面を呈した状態にある肝臓のことを言います。肝硬変の原因には『C型・B型肝炎』が大部分を占めていますが、ウイルス性慢性肝疾患ではインスリン抵抗性によって、早期から耐糖能異常を生じる可能性があります。また蛋白質代謝においてもBCAAの欠如による筋肉量低下、胆汁酸分泌低下による脂溶性ビタミン類の吸収不良なども生じます。

 

これらの治療方法として、食事はどのような点に配慮することが必要なのでしょうか?以下ではその詳細について見て行きたいと思います。

 

<代償期・非代償期の具体的な食事療法とは?>

肝硬変の病態によって、食事療法も異なります。

 

◆代償期

重篤な症状がない状態(肝臓の病変部の働きを他の部位が代償しているので、十分な栄養を摂ることが大切)

 

⇒普通食を基本に、バランスの取れた食事。(不足アミノ酸を製剤で補給、便秘解消のため野菜・海藻・果物等に含まれる食物繊維を摂る、但し、アルコール摂取・肥満には要注意)。

 

◆非代償期

「血漿アミノ酸不均衡、低アルブミン血症、耐糖能異常、高インスリン血症」などの代謝異常を生じている。以下の項目を有しているかによって異なります。

 

<非代償期の基本的な食事>

◇エネルギー:25~30kcal/kg/日、耐糖能異常があり血糖が上昇している場合は少なめにする。

 

◇蛋白質:1.1~1.2g/kg/日、高アンモニア血症、肝性脳症がある場合は食事からのたんぱく質を制限し、不足分を補うため分岐鎖アミノ酸製剤(アミノレバンENなど)を補給。

 

◇脂肪:エネルギー比率20~25%、n-6系、n-3系の多価不飽和脂肪酸の欠乏状態にあるので、これらを多く含むシソ油などの植物性油脂や、DHA、EPAを多く含む魚介類を摂る。

 

◇食塩:浮腫、腹水のあるときは1日5~7g以下に制限する。

 

◇食物繊維・乳酸菌:腸内での腐敗菌によるアンモニア産生を防ぐため(便秘を防止するため)十分に摂る。

 

<その他の注意すべき点とは?>

1)就寝前に、軽食を摂る。

非代償期の肝硬変では、肝臓のグリコーゲン貯蔵量が減少するため、食後10時間近くたつ早朝起床時に糖が不足状態になります。これを防ぐため、就寝前に軽食をとることが勧められています。基本は200kcal程度のおにぎり・パン、または肝疾患用の栄養剤を摂ります。

 

2)食道静脈瘤

食道を刺激するような食事量や、香辛料などの刺激物、固形物、コーヒーなどを避けます。

 

3)タンパク質制限の特殊食品

タンバク質を減らしたご飯や小麦粉、めん類などが販売されています。

 

最後に

上記でも述べましたが、肝硬変の食事において気をつけるべきことは多く、中でも肝性脳症は最も注意すべき合併症ですので、上手く【アミノ酸製剤】を利用して体内アンモニア発生量を上昇させないことが重要です。

 

(photoby:http://pixabay.com/ja/%E5%AD%90-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%97%E3%83%88-%E5%AE%B6%E6%97%8F-%E6%8C%87-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E6%89%8B-%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%97-%E5%AD%90%E4%BE%9B-%E6%84%9B-17387/?oq=%E6%89%8B)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-07掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肝臓に関する記事

肝性脳症に気をつけよう!五段階の進行度と原因や気をつけること

肝性脳症は、肝機能が失われたことにより血中の有害物質の濃度が増加することによ...

肝硬変で気を付けること*食事について・全身のかゆみの原因は「肝硬変」!?

  よく耳にする肝硬変。「肝硬変になってしまったら、残された肝臓で生きてい...


肝うっ血ってなぁに?肝臓を大事にして!予防のための習慣や治療など

  あまり耳馴染みのない病気ですね。肝うっ血。 そもそもなんで肝臓がうっ血な...

健診の血液検査を正しく読んで『肝障害』を早期発見!~検査や症状原因となる因子とは?

毎年の検査結果を比較することで、『肝障害』の兆候が分かる 肝臓は『沈黙の臓...

カラダノートひろば

肝臓の関連カテゴリ

肝臓の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る