カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 金属 >
  5. 金属アレルギーが出たら検査しなくてはいけないの??

アレルギー

金属アレルギーが出たら検査しなくてはいけないの??

金属アレルギーは、ピアスやイヤリング等の装飾品を好む世代になり、皮膚に反応が起きて、おやっ自分は金属アレルギーが有るのではと自覚される事が多いとされています。

金属アレルギーとは

金属に瞬間的に触っただけでは金属アレルギーの症状はでません。また、どの金属に自分の肌がアレルギー反応を出すのかは個人差があります。
金属を含む装飾品を直接肌に触れさせておくような、比較的長時間の接触があった後赤くなり発疹やかゆみが出てくる症状を指します。

一般にはアクセサリーのピアス・イヤリング・ネックレスをつけていて皮膚に反応があり、金属アレルギーだと気がつくことが多いようです。

金属アレルギーの検査は必要でしょうか

金属アレルギーは皮膚に触れ、皮膚から出る水分に金属イオンが解け出し、肌に反応を起こす接触性皮膚炎です。
これはアレルギーの中でも比較的簡単に防ぐことができます
今の時点で、なにかのアクセサリーで皮膚炎を起こしたとしたら、それをつけないようにすると接触性皮膚炎は防げます。

ネックレスなら直接肌に触れないように着けるようにする、些細な工夫で大きく金属アレルギー反応を抑えることができます。

全身性皮膚炎などを起こし、病院で検査が必要だと診断さえれた場合は、検査を行った方が良いでしょう。

何が金属アレルギーを引き起こすの?

一般的に金属アレルギーを起こす物質はニッケル・コバルト・クロムなどがあります。
肌に触れていて体が汗をかき、汗に含まれている塩素イオンが金属イオンを溶解させ、それが肌にアレルギー反応をおこします

眼鏡・ネックレス・時計・指輪などの装飾品に使われている金属が、肌に反応を起こさせる事も有ります。

検査はしなくちゃいけないの?

金属アレルギーの原因は明快なので、その皮膚に反応を起こさせる原因であるものを避ければ、基本的には検査は必要ないでしょう。



どの金属に対してどれほどの反応が有るかを数値的に調べたい場合は別ですが、現在は金属部分にプラスチックコーティングしてあるアクセサリーなども沢山で回っているので、検査をしないでも問題なく過ごしている方も多いのではないでしょうか。

(photo by/ //www.ashinari.com/2012/01/21-356092.php)

著者: jeanさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

金属に関する記事

アクセサリーで皮膚が被れた!金属アレルギーはどのような治療をするの?

ある日突然、金属アレルギーだと診断され、世の中の金属全てが恐怖の対象になるの...

オシャレで着けていただけなのに…いきなり発症するオシャレ湿疹を発症しない方法

  金属のアクセサリーなどをする、オシャレな若者に数年前から増えているのが、オシ...


金属と汗と皮膚を接触させない!金属アレルギーの具体的な対策法

    金属アレルギーは「あ、ここに金属があるな」とわかりやすいもので、アイ...

工夫をして正しく体を守る!金属アレルギーの対処法について

金属アレルギーは一度出たら、もう無くなる事は殆ど有りません。ですが、ほんの少...

カラダノートひろば

金属の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る