カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 金属 >
  5. アクセサリーで皮膚が被れた!金属アレルギーはどのような治療をするの?

アレルギー

アクセサリーで皮膚が被れた!金属アレルギーはどのような治療をするの?

ある日突然、金属アレルギーだと診断され、世の中の金属全てが恐怖の対象になるのかと思ってしまうかもしれません。アレルギー反応が出る金属には個人差があると言われています。

 

◆金属アレルギーの原因を突き止める

何の金属アレルギーだと自覚するには、体のどこに症状が出たかで原因となるものが簡単に突き止められます。手首なら腕時計、首の周りならネックレス、耳たぶならピアスなど、原因となる物を皮膚につけて汗などをかかないようにすれば、症状は治まる場合があります。

 

◆治療方法

おかしいなと思ったら、早めに皮膚科のお医者様にお薬を処方してもらいましょう。皮膚科では副腎皮質ホルモンの塗り薬(ステロイド外用剤)が処方されるでしょう。お薬を塗れば、症状は1から2週間くらいで治まるでしょう。

 

金属アレルギーは一度起きてしまったら、原因に対しては何時でも反応が起こり、金属をつけて汗などをかかないようにしなくてはいけません。

 

◆どうしたらいい?

金属アレルギーが出る条件は、その金属に触れて汗などをかくと、皮膚に金属イオンが解け出て触っている部分に反応が起きます。その金属イオンが皮膚に出ない状態にすれば、その金属反応を恐れる必要はなくなります。

・その原因となったもの(装飾品・腕時計・眼鏡など)を使わない

・金属以外のもので代用

・金属と皮膚の間を遮断(プラスティクコーティングなど)

・汗をかきやすい時期には、金属を遠ざける

 

◆もう二度とあらゆる金属に触れない?

身の回りには沢山の金属がありますが、それらを全部恐れる必要はありません。金属アレルギー反応が出るのは、ある一定の条件を満たさなければ反応が起きないためです。

 

皮膚に汗などかき、金属が直接触れている場合に金属アレルギーの症状が出ます。金属全てがアレルギー反応を起こさせるものではなく、金属に対する反応自体も個人差があります。金属だからといって食器を怖がったり、包丁を触らないなどと言う必要は無いようです。

 

アクセサリー好きな方は残念な場合もあるかもしれませんが、軽度の場合とくに生活に支障がない場合が多いようです。 

(photo by/ //www.ashinari.com/2012/08/15-367067.php?category=232)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

金属に関する記事

アクセサリーなどを選ぶ場合の注意点

■アクセサリーを選ぶとき   ネックレスやピアスなどのアクセサリーには、「ニッ...

金属のアレルギー反応、オシャレ湿疹!どんなオシャレ小物で発症するの?時計の○○にも注意!

  汗をかく夏は、オシャレ湿疹が増える季節です。オシャレ湿疹というのは、身に着け...


こんな症状が出ていたら金属アレルギー

こんな症状が出ていたら金属アレルギー!?以下の症状が出ていたら金属アレルギーです...

金属と汗と皮膚を接触させない!金属アレルギーの具体的な対策法

    金属アレルギーは「あ、ここに金属があるな」とわかりやすいもので、アイ...

カラダノートひろば

金属の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る