カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 金属 >
  5. 治療ができない、完治できない金属アレルギー さぁどうしよう・・

アレルギー

治療ができない、完治できない金属アレルギー さぁどうしよう・・


金属アレルギーは他のアレルギーと比べると、比較的簡単に判ります。
長時間、体に直接接触した金属の触れていた部分がかぶれた様になったら、その金属に反応してアレルギー性接触皮膚炎を起こしたといえるでしょう。

金属アレルギーは怖いものなの?

金属アレルギーは、肌が汗をかいた状態で無ければ金属にさらっと触ってもアレルギー反応がおきませんから、可也簡単に防ぐことができます。

金属アレルギーが起こる要因

の塩化イオンが金属から金属イオンを溶け出させ、肌がそれに対して反応してしまうことが原因です。

・皮膚に直接触れる金属に対して、皮膚が反応してしまう状態です。

長時間肌に直接触れている

その金属が肌に当たって、特定の部分の皮膚に反応がある。

 

ネックレス・ピアス・ベルトのバックル・ヘアピン・虫歯の治療に使われた金属など

金属アレルギーの治療法は

一度おきた反応の症状はステロイド系の外用薬で治るので、早めにお医者様に相談して、ひどくなる前に治しましょう。

金属に対する反応は、一度出たら、一生涯出るものですから、直接長時間その対象金属にふれないように気をつける必要性があります。

一生治らないなんて・・・

「一生治らない」この言葉のインパクトは可也大きく受け止められるようですが、反応を起こす金属を直接長時間肌に密着させなければ、アレルギー性の反応は起こりません
金属全てがダメというわけではなく、多くの場合は特定のものに限られるようです。



目の前が真っ暗になるような「一生治らない」と言う言葉ですが、これは違う素材のもので代用できるので、大変簡単に被害を抑える事ができます。
簡単に言うと、何らかの金属が肌に触っていて少しかゆみが出てきたら、すぐに肌から離しましょう。
その部分を水で洗って汗の塩分を落としましょう

(photo by / //www.ashinari.com/2009/05/31-021492.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

金属に関する記事

アクセサリーなどを選ぶ場合の注意点

■アクセサリーを選ぶとき   ネックレスやピアスなどのアクセサリーには、「ニッ...

知っておきたい!ピアスが原因で起きる耳のトラブルまとめ

ピアスと言えば、過去にはピアス穴を開ける際には、医院で医療用の専用器具を用い...

カラダノートひろば

金属の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る