カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 検査 >
  5. 病院で受ける高血圧検査って何するの?高血圧の検査と言っても血圧測定だけではない!

生活習慣病

病院で受ける高血圧検査って何するの?高血圧の検査と言っても血圧測定だけではない!

 

血圧は1日の中でも変動するものですし、病気とまで行かなくても高めな人、低めな人がいます。

家に血圧計がない人でも、定期的な健康診断などを受けていれば、「自分の血圧が高い」ということを知ることができます。

 

病院で受ける再検査

健康診断での検査結果が悪いと、「要塞検査」や「要治療」という指摘を受けます。すると、その人は病院に出向いて改めて検査を受ける必要があります。

病院では問診の後、血圧自体もそうですし、高血圧に伴って見られる合併症の有無、二次性高血圧の可能性などについて詳しく検査をします。

 

具体的な検査をご紹介します

一般的に行われる検査は以下のようなものです。

 

・血圧測定

最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上の場合高血圧と判定されます。ただ血圧は変動幅が大きいものですから、通常は数回受診した結果によって評価します。

 

・尿検査

尿検査では主に腎機能に異常がないか調べます。血流量が多い腎臓は高血圧との関係も深く、高血圧に伴って症状が見られやすいです。主に尿たんぱく尿沈渣を調べます。

 

・血液検査

一般的な検査として赤血球や白血球などの血液成分を検査することもしますが、生化学検査といって、血液に溶解している脂質や糖、尿酸などの物質の検査も行われます。

 

・眼底検査

眼底というのは人の体の中で唯一血管の状況を直接見ることができる場所です。そのため眼底の動脈や網膜の状態を診ることによって、高血圧の重症度や動脈硬化の程度を診断することができます。

 

・胸部X線検査・心電図検査

高血圧に伴って起こる心肥大や動脈硬化の状態を知ることができます。

 

・超音波検査

心筋の収縮する状態や、心肥大の程度、形状によって心臓病の診断に用います。

 

この他にも疑われる疾患や合併症に応じて、追加をして検査が行われます。場合によってはCT検査やMRI検査によって脳や主要な血管の状態を確認することもあります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/09/18-382216.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

血圧はタイミングや回数など正しく測定することが大切!高血圧の治療

  高血圧の治療をしている場合や血圧が高めな時は、定期的に血圧を測定するこ...

正しい血圧測定の仕方

  高血圧対策のためには正しい血圧測定をしなければいけません。 しかし、...


費用対効果を考えると安いもの?!家庭用の血圧計で高血圧治療

  健康な人であれば、普段血圧について気にすることはあまりないかもしれませ...

高血圧の検査の値からわかる合併症の有無や進行度とは?

健康診断などで高血圧と言われたら、医療機関を受診する必要があります。更に詳し...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る