カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 身体測定 >
  5. 体重 >
  6. 身体測定で「低体重」と結果が出た女性が気をつけるべき様々な症状

健康診断・健康管理

身体測定で「低体重」と結果が出た女性が気をつけるべき様々な症状

         

 

現代の若い日本人女性は見た目を気にして「太ること」を極端に嫌い、痩せているにもかかわらずダイエットをする方も数多くいらっしゃいます。そんな「痩せている事こそが美しい」という価値観からか、若い女性には「痩せ型」が大変多いことが問題視されています。

 

そんな痩せ型の女性は、健康診断での身体測定で低体重と診断されます。低体重と診断された方には、様々な体の不調が現れることがあります。そこでこちらでは、痩せすぎによって生じる体の不調をご紹介したいと思います。

 

 

◆痩せによる弊害の数々

・月経不順や無月経の原因に

スタイルを良くするために無理なダイエットに励む若い女性が多いですが、ダイエットによって急激に体脂肪率が減少してしまうと、ホルモンバランスが乱れ卵巣機能が上手く働かなくなり、月経不順や無月経などを引き起こすことがあります。また、無月経が長期にわたって続くと卵巣機能が正常に働き出しにくくなるため、過度なダイエットは避けなければなりません。

 

正常な排卵サイクルを保つためには、22%の体脂肪率が必要だとされています。その数値を下回ってしまうと、月経不順になってしまいます。月経不順や無月経などの卵巣機能不全は、不妊のリスクを極めて高めてしまいます。将来の自分が子供を産みたいと願った時に、それが実現できないなんていう悲しい結果を招かないためにも、無理な減量は避けましょうね。

 

・貧血

ダイエットと称した少食、栄養バランスの悪い食事を中心とした食生活を送っていると、体の健康を維持するために必要な栄養素を十分に摂取できないことから、鉄欠乏性貧血などを始めとする体の不調が現れます。

 

特にこの鉄欠乏性貧血は慢性的なだるさ、少しのことでも疲れてしまうなどの症状だけでなく、成長過程にある思春期の子供の場合には発育障害が見られます。

 

 

このように、痩せを意識しすぎるがために行う過度なダイエット・ダイエットによる低体重では、様々な弊害が生じてしまいます。健康を保つため、そして将来の自分のためにも無理なダイエットを行わないようにしましょう。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2014/02/blog-post_9171.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体重に関する記事

身体測定で「低体重」と診断される日本人女性が多い?理想の体重とは

           近年の若い日本女性は痩せすぎていると問題視されています...

身体測定の前になると一度は誰でも考える!?一瞬で体重を減らす方法は実在します!

身体測定の前になると考えるのが『どうにかして身体測定の瞬間だけでも体重を減ら...

カラダノートひろば

体重の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る