カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 金属 >
  5. 工夫をして正しく体を守る!金属アレルギーの対処法について

アレルギー

工夫をして正しく体を守る!金属アレルギーの対処法について

金属アレルギーは一度出たら、もう無くなる事は殆ど有りません。
ですが、ほんの少しの覚悟と理解、工夫で、簡単に自分の体を守ることができます。

金属アレルギーとはなにか

金属アレルギーとは「金属が汗と体に密着していることから起こります。金属のひとつがアレルギー症状を起こさせたからといって、全ての金属も同じリアクションを起こさせるわけではありません。

また、何でもなかったものが急に反応する場合も有ります。

どの金属に対してリアクションがあるかは、個人差があり、一般的にはニッケル・コバルト・クロムに反応することが多いとデーターが出ています。

安価なアクセサリーなどはニッケルが多く使われており、それを肌に直接接触するように着用し、アレルギー性接触性皮膚炎を起こす場合があります。


実際の対策とは何か


検査をしてどの金属にどのように弱いのかを調べても、実際はあまり意味を成さない場合が多いようです。
肌に触れる金属はミックスされている場合が多く、いちいちカーテンレールの金属の留め金にはニッケル・鉄・真鍮などの割合を幾らなどとメーカーに要求するのも面倒なのではないでしょうか。

一般的な食器や調理器以外の金属は肌に密着させない、腕時計にかぶれるのなら、違う素材のもので代用しましょう。



肌が乾いていれば金属から金属イオンを溶かしださず、肌に反応を起こさせません。そのアレルギーを起こす条件を満たさないように工夫することで、対処できるでしょう。


(photo by///www.ashinari.com/2012/01/21-356104.php?category=232)

著者: jeanさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

金属に関する記事

アマルガム(銀歯)と水銀過敏症の関係について

    アマルガムは水銀過敏症に関係している?   虫歯にかかられた経験のある方...

オシャレで着けていただけなのに…いきなり発症するオシャレ湿疹を発症しない方法

  金属のアクセサリーなどをする、オシャレな若者に数年前から増えているのが、オシ...


アクセサリーで皮膚が被れた!金属アレルギーはどのような治療をするの?

ある日突然、金属アレルギーだと診断され、世の中の金属全てが恐怖の対象になるの...

治療ができない、完治できない金属アレルギー さぁどうしよう・・

金属アレルギーは他のアレルギーと比べると、比較的簡単に判ります。長時間、体に...

カラダノートひろば

金属の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る