カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 運動療法 >
  5. 注意点 >
  6. 高血圧の運動療法に筋トレはNG? 高血圧の運動療法における筋トレの上手な取り入れ方

生活習慣病

高血圧の運動療法に筋トレはNG? 高血圧の運動療法における筋トレの上手な取り入れ方

 

高血圧の運動療法をするなら筋トレはNGと聞いたことがある、という方もいるかもしれません。ですが、実は筋トレ自体はNGではありません。

 

高血圧の運動療法における筋トレの役割と上手な取り入れ方を見ていきます。

 

●血管が硬くなる、血圧が上がる筋トレ

高血圧の運動療法で筋トレがNGと言われる所以は『血管が硬くなること、血圧が上がりやすいこと』の2点です。筋トレをするときは、その多くが無酸素運動となるので急激に血圧が上がりやすいのです。

 

普通の血圧の方なら問題ありませんが、もともと高血圧を持っていると、血圧の急激な上昇が体に与える影響も多いです。それにプラスして、筋トレだけを行っていると血管壁が硬くなりやすい問題もあります。

 

動脈硬化などとは違って血管内皮に影響はありませんが、血管自体は柔軟性が少なくなります。

 

●筋トレは基礎代謝を上げてくれる

一方で筋トレにはメリットもあります。それは筋肉量が増えることで基礎代謝量が上がるということです。

 

高血圧、糖尿病などと深いかかわりを持つ肥満を改善するためには基礎代謝量を上げる必要もあり、筋トレで筋肉をつければ何もしていなくても代謝しやすい体になれるのです。このことから、筋トレ自体は必要性があるとも言えるでしょう。

 

●無酸素運動+有酸素運動の組み合わせ

最終的に、高血圧を改善するための運動はどのようにすればよいかと言うと、無酸素運動(筋トレ)と有酸素運動(ウォーキングなど)の組み合わせで行うのがベストです。

 

そして、無酸素運動についてはプロの指導を受けて、血圧を測りながら行うとよいでしょう。

 

筋トレは血管壁を硬くするなどデメリットもありますが、基礎代謝量の底上げに役立つので高血圧の方でも医師からOKが出れば積極的に取り入れたい運動です。

 

トレーニングジムなどには血圧計が置いてあるので、適宜測ったり、プロに血圧管理の手ほどきを受けながら無酸素運動(筋トレ)も取り入れてみることをおすすめします。 

(Photo by://pixabay.com/)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

高血圧の運動療法では、日々変わる体調をチェック!

  高血圧の治療は薬物療法を中心として様々な治療方法を色々な角度から行います。...

高血圧改善に運動を始めたい…運動療法の注意点とは?

  高血圧を治すためには、食事療法とあわせて運動療法を行うと非常に効果があ...


真夏、真冬の高血圧運動療法の注意点

  運動の基本は毎日、でなくても週に3-4回は行うこと、つまり続けることに意味...

高齢者の高血圧運動療法の3つの危険

  運動療法は高血圧の改善において有効な手段ですが、高齢者の場合、特に普段特別...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る