カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 運動療法 >
  5. 注意点 >
  6. 高血圧改善のための運動をするなら時間帯にも気をつけて!

生活習慣病

高血圧改善のための運動をするなら時間帯にも気をつけて!

 

高血圧改善のために運動をしようと思ったら有酸素運動、無酸素運動を組み合わせて行うのがお勧めです。

無酸素運動についてはリスクもあるのでプロの指導を受けながら行うのが適切ですが、有酸素運動は心拍数さえ気をつければOKなので、すぐに自分で始められるメリットがあります。

そんな高血圧改善のための運動ですが、時間帯にも注意が必要です。

 

●早朝の運動はトラブルを引き起こす可能性

ウォーキングやジョギングといった有酸素運動を早朝に行おうと考える方もいるかもしれません。

実際、通勤時間よりも前にウォーキングをしている人もよく見かけますね。

ですが、高血圧への影響から言うと心拍数の上がりにくい有酸素運動であっても早朝に行うのはお勧めしません。

というのも、血圧は元々早朝に高くなりやすい特徴を持っているからです。血圧がすでに高いのに、負荷の高い運動をするとさらに血圧が上がります。

そして、場合によっては脳卒中など急激な血圧上昇がもたらすトラブルを引き起こす可能性もあるのです。

 

●冬場の早朝は気温にも注意

また、もうひとつが冬場の早朝に運動を行うケースです。

冬場はただでさえ気温の変化による血圧上昇が心配な季節です。それに加えて早朝ともなると気温がより低いので、外気温との差での血圧上昇のリスクが高いです。

 

●いつ運動するのがベスト?

高血圧改善という点では朝の運動はあまりおすすめしませんが、実は脂肪を燃焼しやすいのは早朝、食事前と言われています。

朝に運動すると1日の代謝に影響するので朝の運動の方がよいという話もあるくらいです。

これらをまとめると、高血圧の方は早朝すぐではなく、朝起きてウォーミングアップを十分にしたうえで(もしくは朝食後少し体を休めてから)運動するのがよいと言えるでしょう。

 

早朝、起きてすぐの時間帯に運動すると血圧が急上昇する恐れがあるのでウォーミングアップを十分にするか朝食後少し体を休めてから運動するのがお勧めです。

また、仕事などをしていて朝は運動が大変という場合は夜に行ってもよいので、運動を続けることが大事なポイントです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/09/18/00/29/leaf-183284_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

頭痛などの高血圧の症状を解消したい方へ~運動療法での注意点~

  現在日本で治療中の患者さんは約700万人、未治療の方も含めると約300...

高血圧の人は血液がドロドロになりがち!運動時には水分補給を!

運動時には水分補給が大切ですが、高血圧の人が運動する場合には通常よりも気を配って...


高齢者の高血圧運動療法の3つの危険

  運動療法は高血圧の改善において有効な手段ですが、高齢者の場合、特に普段特別...

無理は禁物! 高血圧には軽い運動や筋力トレーニングが効果的

高血圧に運動療法は非常に効果的で重要です。しかし血圧が急激に上がるような運動方法...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る