カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 検査 >
  5. 高血圧の治療を進める上で必要な把握…各臓器障害評価のための検査とは?

生活習慣病

高血圧の治療を進める上で必要な把握…各臓器障害評価のための検査とは?

 

高血圧の一般的な検査というのは年に一回、定期検診などで受ける方もいると思います。

こうした検査は高血圧かどうかの大まかな線引きをするものですので、そこで明らかな値が出ればすぐに治療が必要ですが、疑いのある値が出ればさらに検査を受ける必要があります。

 

定期的に受ける検査は高血圧の診断に必須の検査です。

高血圧というのは様々な合併症を引き起こす疾患ですから、その合併症の可能性について、しっかりと把握したうえで治療を進めていくのが理想です。

その合併症の可能性を把握するにはそれに応じた検査をすることが推奨されます。

 

臓器障害の可能性がある場合に行われる検査

脳障害の評価

血管に不健康が生じると、脳梗塞などの突然死の可能性が高くなります。そのため、脳の障害を評価しておく必要があり、それには以下のような検査を行います。

 

・頭部MRI検査

磁気の力を利用して脳の状態を画像にして写しだす検査です。

 

・MRアンギオグラフィー(磁気共鳴血管造影)

…MRI検査を応用し、画像処理によって血管を強調して画像化し、血管の状態を知る検査です。

 

・認知機能テスト

…10項目ほどの質問によって患者さんの記憶力や計算能力が正常かを評価する検査です。

 

心臓の評価

脳と同様、心臓も高血圧の状態によって障害が生じやすいため、以下のような検査で障害を評価します。

 

・心電図検査

…心臓で生じる微弱な電気を波形にして記録し、心機能を評価する検査です。

 

・心臓エコー検査

体の外から心臓に超音波をあて画像として映し出し、心臓の病変を調べる検査です。

 

・心臓MRI検査

… 磁気の力を利用して、心臓の状態を画像にして写しだす検査です。

 

腎臓の評価

腎臓は血流量の多い臓器ですので、高血圧による血液障害の影響を受けやすいです。そのため以下のような検査をします。

 

・尿検査

…腎臓は体内の不要物をろ過して尿として排出するため、尿に含まれる成分を調べることで、腎臓の働きを知ることができます。

 

・尿中アルブミン排尿量検査

…アルブミンは腎機能が低下すると排泄量が増加するため、尿中の量を調べます。

通常の尿検査では、アルブミンが大量にならないと数値として認識されないので別の検査として、1日の尿をためて検査します。

 

・eGFR(推定糸球体ろ過量)

…血中の不要物から、腎臓が不要物を排泄する働きを数値化します。

 

血管の評価

当然、血管は高血圧によって不具合が生じます。そのため以下のような検査をします。

・頸動脈エコー検査

体の外から頸動脈に超音波をあて画像として映し出し、血管の形状や血流を調べる検査です。

 

・脈波伝播速度検査

…心電図や血圧の測定を用いて、心臓で生じた拍動が手足に届くまでの速度を知る検査です。動脈強化の程度を評価できます。

 

・内皮機能検査

…血管の内皮機能を調べる検査で、腕の一部分を止血し、その前後の血管の拡張を超音波でみて評価します。

 

 

もちろんすべての検査が必要なわけではありませんし、この他、自律神経の検査が行われることもあります。

こうした検査によって合併症の可能性を正しく評価することができます。

そのため、治療の効果を正しく評価することができ、患者さんの予後に大きく関係していきます。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/07/19-348508.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

検査に関する記事

スクリーニング検査の先の高血圧検査…より詳しい検査ってどんな検査があるの?

  家族や知り合いに高血圧の人がいると、自分の体のことも気になってしまうと思い...

検査や治療の基準となる「高血圧治療ガイドライン2014」改定について

  高血圧治療の指針となる「高血圧治療ガイドライン」が5年ぶりに改定されま...


高血圧の合併症でこわい心疾患の可能性…正しく知る為には心臓の検査が必須!

  冬に高齢者の突然死が増えるという話を聞いたことがあるでしょうか。 ヒート...

原因の病気があって生じる高血圧、二次性高血圧のスクリーニング検査ってどんなものがある?

  高血圧を生じている人の多くは、本態性高血圧という高血圧です。これは具体的な...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る