カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 病院 >
  5. 基礎知識 >
  6. 高血圧での診察ってどんなことをするの?

生活習慣病

高血圧での診察ってどんなことをするの?

 

高血圧での診療は月に1回か2か月に1回程度に落ち着くケースが多いようです。

最初は薬の効きを確かめたり、その他の検査を行うためにもう少し頻度が高い場合もあります。

さて、では高血圧で通院したときに診察ではどんなことが行われているのかを見ていきます。

 

●血圧測定と問診

高血圧で病院に通っていますので、血圧測定は普段から家で行っている方が多いと思います。

もちろん病院でも基本的には血圧測定をして、その結果と家での結果を見ながら血圧コントロールをしていきます。

また、問診をしないと薬が出せない決まりがありますので問診も行います。血圧検査と問診は毎回の通院の必須コースと考えてください。

 

●問診内容は生活習慣に関するものが多い

高血圧の合併症が疑われる段階ではなく、血圧コントロールが必要な段階での問診は、生活習慣について問われることが多いです。

一番最初に高血圧を確定する際にも家族歴や飲酒習慣、喫煙習慣、運動習慣、食習慣の確認があります。

通院している間は問題となる生活習慣をどのように変えたか、生活で最近大きな変化はあったか(転勤した、家族が病気になったなど)を聞かれます。

上手く血圧コントロールが出来ているようなら問診の時間はそれほど長くはなく、数分で終わる場合もあります。

問診が終われば薬が出るのを待って(院外薬局の場合は薬局に処方箋を持っていく)、薬をもらったら終了です。

 

高血圧の診察の流れは血圧検査、問診、薬の受け取りという流れで行われるのが一般的です。

これは血圧コントロールのみで高血圧を上手く取り扱えているケースです。

合併症が出てきた場合は血圧測定の他に、合併症に関する検査、合併症に関する問診(生活習慣等)が入りますのでもっと診察時間が長くなるケースもみられます。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/04/04/18/11/microsoft-313869_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

高血圧診療に必要な問診と検査ってどんなもの?

     血圧が高いから、医者にみてもらおう。そう思って内科を受診する場合、殆...

高血圧専門外来の強みはどんなところ?

  高血圧を治療するには専門外来に行くという手段もあります。普通の外来と専門外...


高血圧での通院頻度の目安を知ろう

  高血圧で病院に行くとなると、月に何回くらい行けばいいのかと心配になる方もい...

白衣高血圧に血圧治療は必要ないと思っていませんか?

     病院などで血圧を測る際、白衣高血圧という言葉を耳にしたことはないでし...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る