カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 基礎知識 >
  5. 症状 >
  6. 尿の量の異常からわかる慢性腎臓病(CKD)起床までに3回以上のトイレは危険!?

生活習慣病

尿の量の異常からわかる慢性腎臓病(CKD)起床までに3回以上のトイレは危険!?

 

腎臓の異常を見つけるための手掛かりとして尿が役立つことも多いです。腎臓は尿を作っている器官でもあるからです。

例えば血尿によって腎臓病がわかるケースもありますが、CKDの場合は血尿は出ません。

その代り、尿の量の異常がCKDを見つける手掛かりになります。

 

●CKDの夜間多尿

CKDのステージ3になると夜間多尿が認められます。まず『多尿』という言葉ですがこれは1日の尿量全体が多いことを指す言葉でもあります。

24時間の尿量が40ml/kg以上の場合は多尿ですので、40kgの人なら1600ml以上、50kgの人なら2000ml以上、60kgの人なら2400ml以上となります。

これに『夜間』という言葉がつくと夜間就寝中に1日の尿量の33%以上(若年者は20%以上)が集中しているときという定義が増えます。

例えば、50kgの人であれば1日の尿量が2000ml以上、尚且つそのうちの660ml以上は夜間就寝中に尿意で起きる場合は夜間多尿です。

 

●尿量と回数からチェック

夜間多尿に気づくきっかけになるのはやはり『夜、トイレに行きたくて何度も目が覚める』という経験からが多いようです。

もしかしたら夜間多尿かもしれないと思った時には自分の尿量を測ることをお勧めします。

尿検査用のコップなどで昼間の尿量と夜間の尿量を測って、自分の1日の尿量、昼夜のバランスを見てみましょう。

 

●起床までに3回以上のトイレは危険!?

1回の尿量が正常であるとの仮定(平均200ml程度)を採用すると、起床して1回目の排尿を含んで夜間の尿意での目覚めが3回以上だとおよそ800ml、50kgの体重では夜間尿が多めとなります。

昼間の尿量も見てみないと確かなことは言えませんが、起床までに3回以上トイレに起きることがあれば腎臓が弱っている可能性があります。

 

CKDの特徴的な症状は夜間多尿で、夜間多尿が出るのはステージ3くらいのCKDと言われています。

ステージ3であれば、まだ生活習慣の改善で状態を保てるので、夜間多尿に気づいたら病院で検査を受けましょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/04/05/15/18/toilet-100782_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

慢性腎臓病(CKD)、最初は無症状!?ステージ別にみるCKDの症状

  生活習慣病と言えば、糖尿病や高コレステロールによる脂質異常症などがまず思い...

むくみが出やすい場所って?!

  腎臓の機能が低下すると、体内の水分調節がスムーズにいかず、体の中に水分が異...


知っておきたいCKDの合併症…骨がもろくなる二次性副甲状腺機能亢進症

  CKDはステージ1からステージ5に分かれており、症状が出てくるのはステージ...

もしかして腎臓病?様々な自覚症状

慢性腎臓病は初期にはほとんど自覚症状がない病気とされています。つまり、ある程度...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る